愛犬・愛猫のプチ症状&生活習慣病を発見し改善するためのセミナー【第2弾】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2019.12.06

 

◆須崎動物病院は余命宣告された犬猫が多い
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

須崎動物病院は、自らは一度も難病専門動物病院
ですと申し上げたことはありません。

しかし、現実的には、全国からとても具合の悪い犬猫が連れて来られます。

しかも、ほとんどが余命宣告されているという現実があります。

お話を伺うと、
「なぜこの症状が出たときに、動物病院に連れて行って原因を調べてもらわなかったのですか?」
というサインが既に出ていることがほとんどです。

すると、
「大したことはないと判断して、様子をみました…」
「薬で治ったので、安心していました…」

という答えが返ってくるのです。

愛犬・愛猫が急に深刻な状態になったとき、飼い主さんが知らなかったとはいえ、
症状を過小評価して見過ごし、適切な対処をしなかったことが、のちに大問題になっていることが少なくありません。

しかし、それは飼い主さんが悪いのではありません。
知らないことはできませんから仕方ないのです。

でも、「知って防げるなら知っておきたい!」と考える飼い主さんもいらっしゃるでしょうから、
そのような家族思いの飼い主さんにお知らせ致します。

 

 

 

◆本当に「大したことない」のか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本当に「大したことがない」ならいいのですが、中には「大したことはない」と過信したことが、
あとで大問題になることがあります。

後悔している飼い主さんの主な理由の一つがこの根拠のない自己判断です。
「あのとき、なぜ大したことないと自己判断してしまったのだろう…」と…

 

 

 

◆本当に「薬で治った」のか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これをお話しすると驚かれるのですが、「薬で病気は治りません!」

正確には薬で症状を消し、自然治癒力を働きやすくさせ、自力で治すのです。
治すのは自分で、薬で治るわけではありません。

ですから、薬では治らないのです!
これは、薬理学の授業で習うことです。

これも、「薬で症状を消しただけなのに、なんで治ったと油断してしまったのだろう…」
と、飼い主さんが後悔する主な理由の一つです。

ですから、後悔しないためにも「本質的に解決できたのか?」「表面の症状だけを消して、
根本原因は残ったままくすぶり続けている状態ではないのか?その見極めはきちんとしておくべきと思います。

 

 

 

◆もっと早く気付いていれば…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

愛犬・愛猫の体調が深刻な事態になったとき、多くの飼い主さんは
「なんで突然こんなことに!」と思われます。

そして、須崎動物病院にお越しになると「軽視してきたことが全て今の状態の兆しだった…」と初めて気付き、
「もっと早く気付いていれば…」と後悔し、自責の念にかられることがほとんどです。

 

 

 

◆知らないことはできない!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しかし、当たり前のことですが、知らないことは出来ません。

もちろん、元気な時からセミナー等に参加し、学んでいる方がいらっしゃるわけですから、
知る機会がなかったというわけではありません。

でも、私は「知る機会に気付けなかったことは仕方ない」と考えます。
仕方ないことですが、現実は直視しなければならないことも事実です。

 

 

 

◆予測力を発揮しよう!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


世の中の問題解決に必要なスキルの一つに「予測力」があります。
「これをこうやったら、きっとこうなるだろうな…」

この予測力がどれだけ広く及ぶかが、その人の問題解決能力に直結します。
では、予測力を発揮するためには、あなたに何が必要なのでしょうか?

 

 

 

◆予測力を発揮するためには?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

予測力を発揮するためには「正確な情報を知る」ことが重要です。

大抵の飼い主さんが「このぐらいは大丈夫だろう…」と判断したことが、のちの後悔に繋がっています。
私も、知ってさえいれば過信せずに済んだのに…と残念に思うことが毎日あります。

そんなわけで、須崎動物病院設立20周年を記念して、
飼い主さんに知っておいて欲しいこのサインが出たら要注意!

このサインが出たらこう考えて、こう対処して!
を学ぶ機会を用意させていただきます。

 

 

 

◆代表的な初期症状はこちら!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・過剰な涙
・涙焼け
・口もとの毛焼け
・手足先の毛焼け
・肥満
・食べても太れない
・食べむら
・空腹だと透明な胃液を吐く
・空腹だと黄色い胃液を吐く
・食後に吐く
・やたらと草を食べる
・肝臓の数値が高い
・BUNの数値が高い
・水下痢
・軟便
・粘膜便
・ウンチが黒い
・ウンチがクサイ
・繰り返す外耳炎
・耳を掻きむしる
・脱毛
・口臭がキツイ
・体臭がキツイ
・前脚をよく舐める
・後ろ脚をよく舐める
・オシッコの色が濃い
・手作り食にしたら薄いオシッコが出る
・乾燥肌
・皮脂がベトベト
・鼻水が多い
・咳をする
・くしゃみ
・逆くしゃみ

など

これらを須崎動物病院では【プチ病気】とよんでおります。

そして今回は、上記の中でも代表的な

・口もとの毛焼け
・手足先の毛焼け
・肥満
・空腹だと黄色い胃液を吐く
・食後に吐く
・やたらと草を食べる
・BUNの数値が高い
・水下痢
・粘膜便
・ウンチがクサイ
・耳を掻きむしる
・体臭がキツイ
・後ろ脚をよく舐める
・オシッコの色が濃い
・皮脂がベトベト
・くしゃみ
・逆くしゃみ

のサインについて、それぞれ

●原因
●対処法
●様子をみていい期間
●食事で解決できること
●ケアで解決できること
●改善しなかったときの次の手

などについて解説させていただきます。
早期発見・早期対処

原因療法をやってきたからこそ、「深刻でないうちに対処して欲しい」内容です。

須崎動物病院に連れて来られる、こじれまくった動物たちが初期に出していたサインと対処法を学ぶ、
またとない機会ですので、ぜひ、この機会をおみのがしなく!

 

 

 

◆気になる受講料!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通常受講料・当日支払いが11,000円(税込)のところ…

早期割引 6,050円(税込)
でご案内させていただきます!

全国で開催を予定しておりますので、
お近くの会場へお越し下さい。

講師:須崎恭彦

 

 

名古屋会場

開催日時………02月08日(土)14時00分〜16時30分
■会場:JR名古屋駅周辺のセミナールーム
※詳細はご入金の確認がお取り出来た方へご連絡をいたします。

 

大阪会場

開催日時………02月09日(日)14時00分〜16時30分
■会場:JR新大阪駅周辺のセミナールーム
※詳細はご入金の確認がお取り出来た方へご連絡をいたします。

 

福岡会場

開催日時………02月22日(土)14時00分〜16時30分
■会場:JR博多駅周辺のセミナールーム
※詳細はご入金の確認がお取り出来た方へご連絡をいたします。

 

新宿会場

開催日時………03月07日(土)14時00分〜16時30分
■会場:JR新宿駅周辺のセミナールーム
※詳細はご入金の確認がお取り出来た方へご連絡をいたします。

 

 

お申込の前にこちらをお読み下さい

フォームからお申込みになると、5分以内に自動返信メールがあなたに届きます。
自動返信メールが届かない場合、以下の問題が考えられます。

 

メールアドレスの記入ミス
自動返信メールが迷惑メールと判断されている

 

1.メールアドレスの記入ミス
メールアドレスが間違って記入されると、自動返信メールが届きません。
小文字の@が大文字の@になっていたなど、小文字と大文字の間違いというケースもありました。
記入ミスの可能性があるようなら、事務局までご連絡をお願い致します。
自動返信の不着で再度お申込はお止め下さい。

 

2.自動返信メールが迷惑メールと判断されている
昨今のメール事情により、協会からのメールが迷惑メールと判断される場合が多々あります。
以下のような対策が可能ですので、お試し下さい。

 

迷惑メールフォルダを確認
協会からの自動返信メールが迷惑メールフォルダに入れられてしまうケースもあります。
迷惑メールフォルダにメールが無いか確認してみて下さい。

 

メールの受信設定
あなたのメールの受信設定が、協会からのメール(パソコンからや馴染みのない相手からのメール)を受けとらない設定になっていることもあります。
特に携帯電話のメールアドレスに多く、初期設定からそうなっていることもあります。
他のメールは受信出来るのに事務局からのメールだけ届かないというケースもあります。

 

この場合は迷惑メールフォルダを探しても見つかりません。
下記を参考に、事務局からのメールを受信許可設定して下さい。

受信許可するメールアドレス
contact@apna.jp

受信許可設定のやり方は以下のリンク先を参考に行って下さい。

お申込アドレスのドメインが『@icloud.com 』『@i.softbank.jp』『@docomo.ne.jp』『@ezweb.ne.jp

の方はメールが届かないことが多発しております。
@icloud.com 』につきましては大変申し訳ございませんが、
一部サーバーでspamhausというフィルタリングにブロックされているため、
Apple系(icloud.com)のアドレスについてメールが非常に届きにくくなっております。

 

◆softbank
◆docomo

 

愛犬・愛猫のプチ症状&生活習慣病を発見し改善するためのセミナー【第1弾】
へご参加いただいた受講生さまのご感想

 

午前中から1日お疲れ様でした。以前大阪で手作り入門を受けていてとても良かったので

今回は先生が来られるって事で参加しました。とても楽しく面白いわかりやすい先生だなと。

またセミナー受けたいです。またよろしくお願いします。ありがとうございました。

ヒラタさま

 

 

例えがわかりやすくとても面白く聞かせて頂きました。間違いを教えてもらうことで

解決策を知ることがっでき素晴らしいセミナーでした。まずは家の環境を見直したいと思います。

ありがとうございました。

田代さま

 

 

基本的に部屋が汚いことが原因になっていることが多いことに気がつきました。

ありがとうございました。食べないことに不安がらずに視点を変えて、

断食することが大事なんだと言うこともよくわかりました。自分本位で考えていたことが

多いですね。改めます。原因を知らないで治るものも治りませんね。

ちゃんと考えればよく理解できることがたくさんありますね。色々なことに気づかせて

いただき、ありがとうございました。時間がたつのが早かったです。

素敵なセミナーをありがとうございました。今日ここに来て良かったです。

また是非高知においでください。

島田さま

 

 

今日は本当にありがとうございました。猫の飼い主です。

結果が全て、今やることを変える、心が楽になりました。

数字の数値だけを合わせる、それで納得する、とんでもないバカでした。

高知では犬の飼い主さんは愛犬のために力を入れる、でもまだまだ猫だからと言って

何もしない人たくさんいます。今日のお話、私の心から変わっていこうと思います。

貴重なセミナー心から感謝申し上げます。

手作り食、猫に?心からバカにしていました。一度だけと思って口に入れたら

がっつり食べ始めただただびっくりです。

伊藤さま

 

 

今回受講した中で、やはり口内ケアや断食がとても大事なことだと思いました。

何かしらの病気に関わっているので・・・

他に室内除菌もきちんとやらねば、と思います。

大体寝る前にはケージ付近を特に除菌していますがもうちょっと

範囲を広げたいと思います。

鈴木さま

 

 

手作り食と口内ケアは数年続けており、7才の愛犬は元気に過ごしております。

前歯の隙間におでき?が出来ていたのですが小さくなりました!!

今日のセミナーでプチ段階を見極める大切さと断食の大切さが身に染みて解りました。

断食はこれまで数回しか行ったことがなかったのですが、今後行います。

楽しく為になるお話ありがとうございました。

しのさま

 

 

今日は初めて参加させていただきました。

初めて参加したのに先生のお話が面白いのでリラックスして聞く事ができました。

うちの犬も時々耳を痒がったり、皮膚が赤くなったりと症状が出ますが

一つのことが原因ではないんだと知りました。

先生のセミナーなので、食事についての話がもっと聞けるかと思っていたのに

断食という言葉が沢山出てきてびっくりしました。

食べるのを休ませるというのが大事なことだと知りました。

プチ症状についての対処や仕組みを沢山教えていただき勉強になりました。

ありがとうございました。

内田さま

 

 

自分の子に照らし
合わせて学ぶことができました。

自分の子は前足をなめることはしませんが、うまく自分で動けなくなってから

前足の毛が薄いです。うまく動けないことのストレスかなと思っていましたが

なめることと同様、脾、膵、胆管、胆のうで何かが起こっているとみて良いでしょうか。

そうみなしてケア、対応を考えていきたいと思います。

さくらさま

 

 

いつもにましてわかりやすい内容でした。かなり掘り下げたセミナーでなければ

教えてもらえないような内容でした。

そして今回は先生が××するという貴重な体験をさせて頂き、今回も大変楽しく

わかりやすく満足のいくセミナーでした。

鈴木さま

 

 

あっという間の3時間でした。「あれ?」「おや?」と感じたときにすぐ対処。

口内ケアや断食で様子見できない場合はゴキブリ退治に大砲使うぐらいの気持ちで

ベストオブザベストを選びたいと思います。

とてもわかりやすいお話をありがとうございます。

今後も講座開催も頑張ります。

みずしりさま

 

 

約2時間半のセミナーでしたが、須﨑先生のブラック風な楽しいトークに笑いながら

深く学ぶことが出来て感謝しております。プチ的な症状が現れているときに何が身体に

起こっているかといえば症状が出ている場所or関連している部位にて白血球が戦っていました。

食事では解決できない症状も多かったのは残念に思います。

せめてプチ症状が出てきたときに、充分に戦えるよう、多臓器順調な状態を手づくりご飯で

キープしていこうと気合いが入りました。また予防も大事ですね。

口腔ケア、環境除菌手作りご飯で守って上げたいと思います。

桑畑さま

 

 

セミナーに参加させて頂きありがとうございました。正しく知ることの大切さ、改めて感じました。

通常連れて行って居居る動物病院は手作り食は塩分が高いからダメと言われたり、歯石が溜まると

ガムを噛むよう勧められています。先生のセミナーを聞いて、動物病院選びも重要だと感じました。

口腔ケアに関してですが、消えミストで除菌しジェルタイプの歯磨き粉で歯ブラシを使って

行います。ただ嫌がるとつい手を抜いたりしていたので、先生のご指摘通りに

やっていきたいと思います。

平湯さま

 

 

本日のセミナーを受けて今まで信じていたことが違うと、私の中で思い込んでいた間違った

情報に気付けて良かったです。今日は本当に来て良かったです。

私の飼っている犬はたまに咳、鼻水があるので、ずっと疑問に思っていたのですが

なぜ起こっているのか本日のセミナーで納得しました。

たまに動物病院でにごされたり、犬のドナー輸血について質問しても間違った回答を

されたこともあって獣医さんの質についてガッカリした事もあったのですが

須﨑先生のお話、とても素晴らしかったです!!貴重なお時間ありがとうございました!!

久保さま

 

 

先生の言葉ひとつひとつを大切に受け止めました。そしてそれをできるようになる

飼い主でいたいと思います。

私自身アレルギー性鼻炎、喘息、好酸球性肺炎の再発などの病気を持っています。

そのこと自体我が子に症状の出る原因になっているのだとあらためて自覚しました。

部屋の除菌、自分の病気をなおざりにせず、きちんと治療していく大切さを感じています。

そしてついついかわいそうという視点になってしまってできずにいましたが、

是非試してみようと思います。

大西さま

 

 

結果が全て、結果には理由、意味がある。結果で判断。本当に今日のセミナーを受けて

勉強になりました。涙やけ、前足を舐める、口内ケアなどいつもいぬが嫌がるので

中途でやめることが多かったがやり遂げることに決めました。

犬のために匡習ったことを実践していきたいと思います。

高岡さま

 

 

原因となる部分が体の中だけでなく部屋の環境や飼い主の体調(アレルギー持ち)が

関係していることがわかり勉強になりました。根本的な原因となる部分を見直し、

今抱えている症状の改善につなげていきたいと思います。ありがとうございました。

市川さま

 

 

初めてセミナーに参加しました。須﨑先生が見た目と違い毒舌でびっくりしましたが

正直にお話されていると感じ、とても楽しく聞くことができました。

断食の本を読んだ後でしたので腑に落ちることが多くて愛犬にも試してみようと思いました。

とても寒かったですが楽しい、ためになるセミナーをありがとうございました。

大浜さま

 

 

飼い主次第というキーワードが頭に残った。良くも悪くも本当に飼い主次第なので今後も自分の犬のために本気で向き合い生きて生きたいと思う。

もうすく10歳のチワワが核硬化症と言われました。とりあえず部屋の掃除頑張ります。

10歳5歳のチワワ、今のところ元気ですが未病で止められるよう今後も知識をつけたいです。

松本さま

 

 

おもしろかったです。目からウロコの話もあり、気がついてなかったけど納得した話あり、

私は部屋の除菌をした方が良いみたいです。良い除菌方法があれば教えてください。

自分も家族も健康に過ごし、愛犬を病気にさせないよう気をつけます。ありがとうございました。

まろさま

 

 

頑張り方を変える。きちんとした方からちゃんとした方法でということがいかに大切か

と言うことをしっかり感じました。日常よくあるペットの症状の奥にあるものを

しっかり見直すこと、軽く考えてやり過ごしていかないこと、学びが多かったです。

これからもっともっとできることがたくさんあることが嬉しいです。ありがとうございました。

越智さま

 

 

昨年の岡山での10周年セミナーぶりの須﨑先生のセミナーでしたが、今回もズバッとわかりやすい

たとえ話を交えとても楽しく勉強になる時間でした。

いかに環境と口内除菌が大切なのかを再確認できました。

今年11月で15歳になるコーギーと暮らしていますが、歩行には問題ないのですが、

立ち止まっているときに小刻みに震えるときがあります。これも本日のセミナーで

度々出ていた肝胆脾膵などが原因でしょうか?

また次回どこかのセミナーでお会いできるのを楽しみにしております。ありがとうございました。

匿名さま

RECENT ENTRIES