水が大事だとフード会社も主張♪

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.08.28

私は、2002年に出版した「愛犬のための手作り健康食」のときから、
「ネコに手づくりごはん」「イヌに手づくりごはん」「かんたん犬ごはん」と、
栄養バランスよりも水分が大切!

 

と、申し上げて参りました。
それを実践し、同調して下さる飼い主さんも増えてきました。

 

「手作り食」とサイトを検索すれば、
たくさんのブログやサイトが出てきます。

 

日本全国に輪が広がってきている様で、本当にうれしく思います。

 

先日、とあるクライアントさんからメールをいただきました。

 

「先生、●●新聞の土曜版の●ページに、こんな広告がありますよ!
コメンテーターが先生じゃないのがなんだかなぁ〜ですが、
でも、先生だったら逆にそれはそれで違うかもですね。

 

それにしても、先生が前からおっしゃっていたことばかりですね。
ビックリしたので、お知らせしなきゃと思って!

 

世の中が少しずつ変わりつつあるのかしら?
これからも応援しておりまぁ〜す♪」

 

あの大企業もこんな感じで…

 

感想は…とてもうれしい♪

 

大企業が取り上げてくださるということは、
それだけマーケット全体が変化しつつあるということです。

 

水が大事というコンセプトは、別に私が初めてではないと思います。
あそこまで執拗に本で表現している方は少ないかもしれませんが…。

 

もともと犬・猫のインスタントフードは、ドライフードと水だけで生活できること!
ということでスタートしていますし、

 

私も、
その結果、水をあまり飲まない子が具合悪くなりやすい傾向にあるということですので、飲めと言って飲まないんだから、食事で水分をとりましょう♪

 

だから、水飲みじゃない子は、ドライフードではなく、
缶詰とか、手作り食とかを食べたらいかがですか?
自分で食材を選べる手作り食は、安心感がありますよね。と申し上げてきたわけです。

 

同じようなことを他社サイトで拝見して、ますます自信がつきました!
これからも、もっともっといろんなカードで、
世の中の選択肢を増やすお手伝いができたらなと思います。

 

RECENT ENTRIES