原因療法という選択肢!

Text by Yasuhiko Susaki & Staff M

2018.01.22

まだまだ原因療法に取り組む獣医師が少ないのですが、

この選択肢がないと、薬漬けになるペットがでてきます。

 

 

「それ、治療じゃなくて、症状消して安心しているだけだよね?

薬止めたら元に戻るんでしょ?それ、治ってないじゃん!」

という状態のペットが須崎動物病院にはよくやって来るのですが、

こじれにこじれた状態から「薬を使わずに自然治癒力で治す」のは、とても大変です。

 

 

ですから、飼い主さんの「理解」が大事なのですが、

今まで信じてきたことを軌道修正するのは並大抵のことではありません。

 

ですから、頑張れる方と、頑張れない方が出てきます。

 

「人間は逆境において人間の真価を試される。(孔子/論語)」

 

という言葉通り、いざというときに冷静に適切な対応が出来るかどうかは、

普段の準備がどれくらい出来ているかによります。

 

 

いざという時に、選択肢を豊富に持てて、適切に選べる様に、普段から準備しておきたいものですね。

 

しかし、仮に知ったとしても、行動に移す方は10%

そしてその行動が一年間続くのはそのまた10%程度です。

ですから、行動に移して一年間続ける人なんて1%程度しかいないことになります。

 

 

ところが、当院にお越しになる飼い主さんは「気合いが違う」ので、

うまくいかないことがあってもそこで諦めたりせずに、

「どうやったら望む結果に到達できるのだろうか?」と考え、行動してくださる方が多いので、

一生無理といわれるような症状でも、健康を取り戻したりするんですよね。

 

 

僕はスタッフだけで無く、飼い主さんにも恵まれているなと改めて感じております。

 

 

そんな「気合いの入った飼い主さん」たちのおかげで経験できた「風が吹けば桶屋が儲かる」式の、

症状が出ているところと根本原因の場所が離れているケースの調整の仕方を、

今年はさらにレベルアップしたいなと思っているのです。

 

 

今年も、原因療法で新しい発見があれば嬉しいし、

症状を抑えるだけでは治ったことにはならない!」という飼い主さん達の有効な受け皿として、

お手伝い出来たらと思います。

 

 

でも、「症状を抑えて安心していてはいけないのは解っているけれど、原因療法ってどんなことするの?

という方は、ぜひ、こちらのDVDをご活用下さい。

 

 

【愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナーDVD】
http://petacademy.jp/SHOP/1021761/1025656/list.html

 

このDVDをご覧になった方から、

 

「自分が取り組んでいる治療法が、原因療法と思っていたのですが、

対症療法だとわかり、愕然としました。でも、そこで落ち込むこと無く、

原因療法に取り組むキッカケになったのでよかったです。」

というご感想を頂きました。

 

 

この様に、このDVDをご覧になることで、どんな診療を選んだらいいかの参考材料にもなると思います。

 

 

【愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナーDVD】
http://petacademy.jp/SHOP/1021761/1025656/list.html

 

 

▼原因療法セミナーはそれぞれの【病気・お悩み】に特化したテーマをご用意しております。

 

アレルギー・アトピーの謎から脂漏症・ステロイド・シャンプーの悩みまで【皮膚病】
http://petacademy.jp/SHOP/SUS-DVD031.html

 

悪性リンパ腫、乳腺腫瘍、肥満細胞腫などガン・腫瘍への考え方【ガン・腫瘍】
http://petacademy.jp/SHOP/SUS-DVD030.html

 

原因が分からない皮膚以外のアレルギー、IBD・自己免疫性疾患と診断されたら【アレルギー・自己免疫性疾患】
http://petacademy.jp/SHOP/SUS-DVD034.html

 

腎臓、副腎、子宮、前立腺、膀胱の泌尿生殖器のトラブルには【泌尿生殖器】
http://petacademy.jp/SHOP/SUS-DVD033.html

 

RECENT ENTRIES