尿路結石・結晶症対策

Text by Yasuhiko Susaki & Staff M

2018.01.29

◆尿路結石・結晶症の四大ポイント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

尿路結石・結晶症には

1.尿路の異物を減らす
2.尿をドンドン出す
3.できた石・結晶を溶かす
4.異物の再侵入を最小限にする

の四つのポイントで取り組んでいきます。

 

 

 

◆1.尿路の異物を減らす
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

尿路結石症や結晶症になっている場合、原因療法で探ると、必ず何らかの異物があります。(今まで無かったことがない)

例え他院で「非感染性の膀胱炎だ」と診断されても、違うスキルを使うと、何かいる様なのです。

そして、それを取り除くと、症状が消えることがあります。

ですから、尿路の異物量を減らすことは、炎症を減らす上でも極めて重要です。

 

 

 

◆2.尿をドンドン出す
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

基本的には尿結晶ができても、

 

===
尿をドンドン出して結晶同士が固まる時間を与えない
===

 

という考え方で、対応可能です。

 

ですから、水分を摂取し、オシッコを沢山出すことが大事なのです。

 

 

 

◆3.できた石・結晶を溶かす
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

これは、ストラバイト結晶・結石に重要なポイントですが、

 

●摂取水分量を増やす
●尿路でアンモニア産生量を減らす

 

ことで、できた石・結晶を溶かすことが出来ます。

 

須崎動物病院では、「尿pHが高いのに、結晶が出ない状態」を作ることが出来ているのは、これが出来ているからです。

 

もちろん、そのためには、尿路でアンモニアを作り出す原因が何かを探る必要があり、それが決まればやることが決まります。

ですから、
===
なぜ、尿路でアンモニアが出来ているのか?
===

を探ることがとても大事なのです。

 

 

 

◆4.異物の再侵入を最小限にする
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

これは、身体を調べれば、
===
どこが異物の侵入口か?
===

がほぼわかります。

 

その入り口は、
●鼻
●口(歯周病)
●尿道
などが主なものです。

 

そして、室内、主に寝床の除菌はとても大事です。

特に、目ヤニ、涙、鼻水、鼻づまりのある場合は、環境からなにかを浴びている可能性が大です。

 

「うちの子、目ヤニがすごいのぉ?っ♪」
などと、余裕で構えることなく、大きな症状に繋がる前に、お気を付け下さい。

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まだ薬で症状を消すだけですか?
「原因療法」が日々の悩みを減らせるかもしれません
━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

がんばる飼い主さんを応援する 犬猫の尿路結石症セミナー 2014
http://petacademy.jp/SHOP/SUS-DVD027.html

 

 

◆須崎のサプリでどうする?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

水分摂取量を増やす

●栄養スープの素
http://sup.susaki.com/list/item04.html

水分摂取には、
「ただの水よりはこれを溶かした方が飲む!」
というこちらの粉がオススメです。
ニンニクや塩分が気になるという方がいらっしゃいますが、ごく少量ですので、特に問題なくご使用いただけます。

RECENT ENTRIES