今からでも遅くない!徹底的に口内ケアと環境除菌2020

Text by Yasuhiko Susaki & Staff M

2020.02.18

 

大切な家族だから、少しでも長生きして欲しい

もしも歯周病になっても、健康寿命を全うさせてあげたい

可能ならば再発しないように飼い主ができることを知りたい

という方に、選択肢を拡げるご提案です。

 

◆ペットの口に入るものの質にこだわっている!

ペットの健康の為に、高級なフードをお取り寄せしたり、
無農薬野菜で手作りごはんを与えていると、
豪語している飼い主さんは結構おります。

質のいい食材を与える事は、
健康の為に非常に重要な事でもあります。

 

 

 

◆身体に栄養を取り込む最初の入り口が汚れていたらどうでしょう?

でも口内ケアを怠っていたら?
 
高級なフードや、新鮮な食材で作ったごはんも、
全ての栄養が口内の菌や汚れと一緒に全身へ送りこまれます。
 
飼い主さん次第で、
健康ににも不健康にもなってしまいます。
 
厳しい言い方ですが、
大切な命を、あなた次第で、
長くすることも・短くしてしまうことも…
 
口からはじまる全身の健康について、
歯周病を予防し、口内環境がいかに健康に大切な事を、
今一度しっかり学び、ついつい怠けがちになってしまう、
ペットの口内ケアに自分自身で喝をいれましょう!
 
 


●愛犬・愛猫の口臭が気になります…

●歯石除去をしたのに口臭が気になります…

●愛犬・愛猫の腎臓が気になります…

●食後のお皿がヌルヌルして洗っても取れません…

●正しい口内ケアの仕方がわかりません

●栄養バランスの取れたフードを食べさせていたのになぜ歯石が…

●手作り食をしていたのになぜ歯石が…

●生食をしていたのになぜ歯石が…

●ガムを噛ませていたのになぜ歯石が…

 

もちろん、個々で条件が変わるので、
万能の方法はありませんが、
問題解決に行き詰まった時に
視点を変える・選択肢を豊富に持つことはとても重要です。

 

 

 

 

◆動物園飼育係も「動物の長寿の秘訣は口内ケア!」と

今回は、
須崎動物病院が得意とする
「口内ケア」「環境除菌」を通じて、改善したケース、
改善できなかったケースを比較し、
「何が改善に繋がったのか?」
についてお話しさせていただきます。
 
ですから、『愛犬・愛猫の歯石・口臭が気になる』
飼い主さんはもちろんのこと、
トリマーさんやペットサロン等の動物関連業務に携わる方にも、
オプションを提示できる様になりたい!
 
そんな飼い主さんを支える動物関連業務に携わる方も必見!

 

 

◆間違った情報を信じ・実践している飼い主さんが多い

これまで、大変好評を頂いている、
須崎動物病院サプリ部門の口内ケアセットですが、
今回は須崎自ら
「正しい使い方」
「効果的な使い方」
「効果のでない使い方」
 
を、皆様にお伝えいたします!
 
電話相談などで飼い主さんのお話を聞いていると、
うちのツールを使っているのに、
全然効果がみられないケースがございました。
 
よくよく話を聞いてみると、
それでは効果が出ないはずというやり方をしていました。
それを一生懸命に続けて…
 

 

もしあなたと一緒に暮らしている愛犬・愛猫の口内ケアに自信が持てない…
とお感じになり、正しい、効果的なケアの仕方を直接須崎に学びたい!
というご要望があるなら、
 
今回の
「今からでも遅くない!徹底的に口内ケアと環境除菌2020」
は、きっと有益でしょう。
 
これまでにも全国で、
「口内ケアと環境除菌のセミナー」を開催いたしました。
いずれも大好評で、全席満員御礼となりました。
 
参加できなかった方から
「また開催してください!」
というお問い合わせを沢山いただきました。

 

◆症状を消しても原因が残っていたら再

発するのはあたりまえ
 
当院では、
1999年から食事療法を中心とした病気治療をしてまいりましたが、
「万能のツールはない」という言葉の通り、
食事の見直しだけでは改善しきらないケースも当然ございます。
 
そこで、問題解決の原則に立ち返り、
「結果(症状)をもたらす原因を取り除けば、結果は変わる」
を考えの中心に置き、
「症状を出す原因を探って、それを取り除く動物医療」
を展開して参りました。
 
 

◆症状は悪いものではなく、不快だが必要かつ正常な反応!

当たり前の話ですが、
 
●症状は白血球が身体を正常化するときに出てくる、不快だが必要な反応
ですから、
基本的に症状を消すことが第一優先ではなく、
原因を取り除くことが最優先課題です
(生死に関わる症状は対処した方がいい場合もあります)。
 
当院では、その原因が何で、どこにあって、
何を使ったら排除できるか?
を探ってきたわけですが、そうすると、
 
●あんなにひどかった口臭が一週間で気にならなくなりました!
 
●しかも、再発していません…
 
などの成果が出てきます。
(内緒で受診される方が多く、
あまり多くを語れないのが心苦しいのですが…)
 
症状(結果)があるということは、
必ず原因があります。
 
同じ症状でも
 
●原因が違ったり、
●原因の場所が違ったり、
●簡単に取り除ける場合、簡単に取り除けない場合
●生活環境が大きく関係する場合、関係しない場合と、
 
事情は様々です。
 
ですから、

「●●病の原因はこれです!」

とか、

「●●病の治し方はこれです!」
 
というステレオタイプの考え方をしていたら、
症状を消して一時的にホッとすることは出来るかもしれませんが、
原因を取り除いて、自然と症状が落ち着く…といった、
個々のケースに合ったベストな対処は難しいと考えております。
 
そんな根本原因を探り、
それを排除する診療を毎日やっているのが須崎動物病院です。
 
 

◆口内ケアがうまく行かないのにも理由がある!

今回は、飼い主さん向けに

 
【口内ケア編】
・口内ケアはやってもやらなくてもいいことか?
・口内ケアをなぜ嫌がるのか?
・歯周病は●●の元
・「歯垢」はどれくらい放置するとできるのか?
・「歯石」はどれくらい放置するとできるのか?
・ヤバイ歯石と様子を見ても良い歯石の違い
・「年に一度歯石を取る」のは口内ケアか?
・歯石があるのに歯周病が治る条件とは?
・口内ケアで重要な3つのポイント
・歯磨きで最も重要なこととは?
・効果的な口内ケアの4ステップ
・口内ケアを一日放置すると菌は何倍になる?
・口臭が変わらないのはなぜ?
・口内ケアを嫌がる…
・乳酸菌はどんなメーカーのものでも効果は同じ?
・ヨーグルトは口内ケアによい?
・必要な菌まで除去してしまわないか?
・歯磨き後にごほうびを食べさせていいか?
・歯の内側も磨く必要はあるか?
・歯肉炎があるかどうかわからない
・市販の口内ケア製品は有効か?
・唾液が少ない…
・虫歯にならないのに口内ケアが必要なの?
・歯ブラシを使わないとダメ?
・おすすめの歯ブラシ
・歯磨き以外のケアはある?
・無麻酔歯石除去はダメ?
・歯ブラシを当てると歯肉から出血…
・除菌から乳酸菌投入までの時間
・歯石取りと口内ケアは併用した方がいい?
・歯茎の腫れや赤み・口臭の原因
・明るめのボブ

 
【環境除菌編】
・微生物が好きそうな場所
・もっとも気を付けるべき場所二つとは?
・外出後に玄関で除菌する事は重要か?
・洗濯物は外干し?部屋干し?
・部屋干しで臭う場合どう考える?
・観葉植物が育たない原因
・来客時に気を付けること
・オゾンを室内に噴霧するのは効果的?

 

 

などについて、
当院で経験した最新情報を含めてをお話しさせていただきます。
 
今回は口内ケア・環境除菌に特化した内容ですので、
全ての飼い主さんに、有益な内容と思います。
 
何度受講しても、新たな発見があるのが、
須崎のセミナーの特徴です。
 
自身の考え方のブレを戻し、
後悔のないペットライフを送りましょう!
 
 

新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を受け、
皆様の健康・安全を最優先に考慮した結果、
各地域で開催を予定しておりました
『愛犬・愛猫の薬に頼らないで体質改善ファスティングセミナー2020』
『今からでも遅くない!徹底的に口内ケアと環境除菌2020』
を動画配信へ変更をさせていただく事が決定致しました。

動画配信中

 

視聴方法につきましては、
映像配信サービスのクラストリームにて公開中。
パソコン・スマートフォン・タブレット等でご覧いただく形となります。
 
ご視聴は何度も可能ですので、存分に学んでいただけると思います。
 
3時間のセミナー動画で13,200円(税込)
 
やみくもにネットで検索して落ち込んだりしているなら、
適切かつ現実的で、一生使える知識・考え方を学べるこの講座で、
大切なペットさんの健康が一生続き、
大きな病気から守る事ができるなら、
騙されたと思って1度学んでみてはいかがでしょうか?

 

●現在、病気のペットの飼い主さんは、新たな方向性を探るために
●現在、元気なペットの飼い主さんは、「転ばぬ先の杖」を手に入れるために

このんな時だから、
いざという時に適切な解釈・判断・行動が出来るように準備しておいてください。

 

お申し込みはこちらから
↓↓↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=528702

 

こちらのセミナーもございます。
愛犬・愛猫の薬に頼らないで体質改善ファスティングセミナー2020
詳細はこちら↓↓↓
http://www.susakiyasuhiko.com/blogs/petacademy/1817/

 

お問い合わせはこちらから
↓↓↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=525057

RECENT ENTRIES