2歳に抗ガン剤とステロイドで瀕死状態…

2021.02.16

2歳の犬が末期ガンだと診断され、
しばらく「抗ガン剤」と「ステロイド」で対処していましたが、
元気がなくなってしまい、このまま続けていいのだろうかと不安になり、意を決して当院にお越しになりました。

 

 

「抗ガン剤」は細胞毒で、免疫力を激しく低下させるための薬…

 

「ステロイド」は免疫担当細胞の活動を激しく低下させるための薬…

 

 

 

では、あなたに質問です。

 

ガンって、免疫力を上げた方がいいのでしょうか、
それとも、下げた方がいいのでしょうか…???

 

 

 

「常識」って怖いですね。

 

この子、身体が病原体で蝕まれていました…。

 

 

何とかがんばって欲しいです。
まだ2歳なんだから…。

 

でも、抗ガン剤の影響か、もう眼は白内障状態で見えていません。
息もつらそう…

 

 

あなたは、これでも、
「抗ガン剤でガンを克服できるかもしれない」可能性にかけますか?
治療法の選択肢に抗ガン剤をリストアップしますか?

 

「副作用を最小限にする使用」などという、
本質が全くわかっていない様な処置を治療とよびますか?

 

もう少し命を大切にしませんか?

 

適切な情報を入手しませんか?

 

無知は最大の罪なのです!

 

私も謙虚に学び続けていこうと思います。
こんな風になってしまった子が
また自力で歩いてごはんを食べられる様にできるように。

 

もちろん、私はまだ諦めてはいないんです!
ただ、スタート地点がかなり厳しいことは事実なんです!

 

「(心の叫び)なんでこんなことすんねん!!」
—————

 

適切かつ現実的な最新情報をキチンと学びたい方は、
こちらをどうぞ!
↓↓↓↓↓
http://www.1petacademy.com/

RECENT ENTRIES