腎臓病対策と予防 諦めない犬猫の飼い主ができること 原因療法編 2022

2022.04.14

 

愛犬愛猫が腎不全と診断された飼い主さんがこの教材を使えば、

納得出来る「他にやれること」がみつかる。

 

なぜなら、

過去の実例から「自宅でやるべき効果的なケア・ツール」と、「やる必要のないケア・ツール」を学ぶ事が出来るから

22年間の診療経験で、飼い主さんが「あのとき、アレをやっておけば良かった…」と後悔していたこと

 

 

 

まだ間に合う、愛犬・愛猫の腎臓病に悩む飼い主さん必見!

クレアチニンの値が7.1→1.7へ!

末期の腎不全で余命2週間と宣告された愛犬が、基準値に戻るまでに取り組んだ自宅ケアと原因療法とは?

点滴、薬、活性炭、療法食、サプリメント以外の選択肢「も」お探しの方へ

 

 

この記事内容は、

 

●獣医師

●獣医学博士

●著作28冊

●九州保健福祉大学 客員教授

●ペット食育協会 会長

●原因療法歴15年(2007年から)の須崎恭彦(すさきやすひこ)が
運営する須崎動物病院で実際に起こったことをベースにお伝えいたします。

 

 

クレアチニンの値が7.1→1.7へ!

 

 

2018年4月5日の出来事です。

ある11歳の犬が、急に元気がなくなり
動物病院に行って検査をしてもらったところ…

腎機能の指標であるクレアチニンの値が
4.0(基準値:0.5-1.8)
で末期の腎不全と診断され

5月1日には7.3となり

「ゴールデンウィークは超えられない」

と言われました。

 

他にも、

●嘔吐

●お尻を触られるのを嫌がり、怒る

●尻尾を丸めて内股へ…

 

という症状がありました。

 

「このまま余命宣告を受け入れるなんてできない…ほかになにか方法はないか?」
と飼い主さんは必死に調べ、

【原因療法】

に辿りつき、

かかりつけの先生の治療に加えて、
末期の腎不全の根本原因を探って減らしたところ…

 

●クレアチニンの値が基準値内に!(7.3→1.7)

●嘔吐無くなる!

●お尻を触っても大丈夫!

●尻尾が出てきた!

という変化がありました!

 

かかりつけの先生曰く、
「同時期に同じ治療をしていた腎不全の犬達で、生き残っているのはこの子だけ!他になにしてるの?」
と聞かれたのだとか。

いずれにしても、改善のお手伝いが出来てよかったです。

 

 

この記事はこんな方へ

 
 

●愛犬・愛猫が腎臓病と診断されて途方に暮れている
●犬のクレアチニンが下がったケースを知りたい
●猫のクレアチニンが下がったケースを知りたい
●療法食を食べてくれない
●療法食を美味しそうに食べてくれない
●一生涯にわたる投薬しか選択肢がないと言われた
●一生治らないと言われた
●このまま放っておいて大丈夫か・・・
●クスリの副作用は大丈夫か…
●合うサプリメント、合わないサプリメントとは?
●腎臓に良い食材・栄養素とは?
●腎臓に良いハーブ、漢方とは?
●ネットで情報を探すけれど、暗い話ばかりで、希望の持てる情報がない
●いろいろやっているのに治らない
●何をしたらいいのかわからない
●ネット上で良いと言われたものがこの子に合うか、必要か、どうやったら見極められるのかわからない
●他の選択肢があるのなら知りたい
●そもそもこれは本当に「腎臓病」なのか?
●ペットの腎不全に東洋医学は有効なのか?
●後悔したくないからベストを尽くしたい!

 

という方には「まだやれること(=選択肢)」を増やす内容になるでしょう。

逆に…

 

 

こんな方にはお役に立てません

 
 

●いいんです!もう諦めてますから!

●えっ!症状消えたら治ったでいいでしょ!?

●かかりつけの獣医師がそう言ったからそれでいいんです!

●苦しくなければ、原因が残っていようとそれでいいんです!

●この病気は治るわけがないんです…

●忙しいのでこの子にかける時間はありません!

●これ以上やることを増やしたくないです!

●早い・安い・簡単・便利なこと以外やりたくないです!

●デキる範囲でしかやりたくないし、後悔もしない!

という方にはこの先の情報は不要と思われますので、読み進めるのはここまでで結構でございます。

 

 

須崎動物病院は余命宣告された子が7〜8割

 

須崎動物病院には特殊な事情がありまして、なぜか初診の7〜8割が余命宣告されているか「できることはもうありません」「なすすべがありません」とサジを投げられた子達が、連れて来られます。

 

つまり、全国からとても具合の悪い犬猫が、諦めきれない・何か他に方法はないのか?と探している飼い主さんに連れられてきます。

 

そして著作が28冊あるためか、ご要望も多く、東京都八王子市本院の他に、仙台、大阪、福岡、大分でも定期的に診療をやらせていただいております。

 

そんな特殊な事情があるために…

 

 

普通の診療を希望されていない→何か妙案は?

 
 
当院では「他の動物病院でやられている標準的な治療」を飼い主さんからリクエストされることは一切なく、

「他に何か方法はありませんか?」

「今までやってきたことと違うことをお願いします!」

「何か妙案はありませんか?」

ということばかりを期待されます。

 

そんなわけで、

 

 

西洋医学の否定ではなく、選択肢を増やす

 

よその動物病院ではやられていないような手段をリクエストされるので、そればかりをやっております。

すると、

「西洋医学を否定するのですか?」

とヘンな言いがかりをつけられることがありますが、そうではなく、「視点を増やして選択肢を増やす」ことをやっております。

 

私自身は西洋医学で命を救われた経験があるので、むしろ感謝しているぐらいです。

 

ただ、「他でもやっていることをお願いするつもりはない!」というリクエストにお応えしてきて今の形態に落ち着いてきたという事情がございます。

 

ちなみに、当院で行っている原因療法は…

 

 

原因療法ってなに?

 

原因療法とは、疾患の原因を取り除き、根治を目指す治療法です。

 

対症療法(表面化している症状を緩和させ、苦痛を和らげるための治療法)の対義語として用いられる、「症状が出る原因が無くなれば、症状が出続ける理由はなくなる」という視点・アプローチの医療です。

 

一般的に対症療法よりも原因療法が望ましいとされますが、原因が不明な症状に対しては行うことができないとされています。

 

当たり前のことですが、何ごとにも必ず原因があります。

 

原因を放置して結果だけ変えても、また元に戻るのは不思議なことではなく、あなたも容易に想像できることと思います。

 

 

腎臓病にも必ず原因がある

 

その原因の中でも一番の大元である「根本原因」を探って、減らして、自力で処理できるようになれば、問題が残り続ける理由がなくなるかもしれません。

 

冒頭の例のように、原因を残して症状・数値だけコントロールする一般的な方法の他に「根本原因を減らして症状が出続ける理由、数値が異常値になる理由を減らす方法」を採用したら、クレアチニンの値が下がる可能性もゼロではないのです。

 

原因療法を2007年に始めて15年間、全国の飼い主さんの難題・リクエストに鍛えていただきました。

 

腎臓病に限って申し上げれば、次の様な質問に対して、一頭一頭、丁寧に、身体の中がどう反応しているのかを調べて参りました。

 

 

飼い主さんが腎臓病について気になる事…

 
 

●一体、身体の中で何が起こっているのか、現時点で教えてもらっていない…●今まで定期検診で何も問題なかったのに突然腎臓病なんて、何かがおかしい気がする…●BUNだけが高いのに腎臓病と言われた…

●腎臓病の食事にはいろいろあるが、何が本当なのか?

●本当にもう治る見込みはないのか?

●あとで「知らなかったから出来なかった…」と知るのはイヤ!

●不確かな情報をチマチマと試すのではなく、最初からベストを尽くしたい!

●本当にこの方法でいいの?どうやって判断するの?

●今やっている治療法しかないの?

●他に何か選択肢は無いの?

●他の選択肢はないかと担当獣医師に質問すると怒られるから恐くて聞けない…

●ネットのこの情報は本当?

●クスリを止めると再発するのは治ってないからでは?

●これでは治っているのではなく、症状を消して安心しているだけなのではないか?

●原因をそのままにしていたら、本当の意味で治っているわけではないのでは?

●ネットでススメられている方法を試しているが、改善している気がしない

●私は一体何を信じたらいいの?

●私は今、どうしてあげるのが正解なの?

●この選択がベストかどうかを誰に判断してもらったらいいの?

●結果を出しているプロの話を聴きたい!

●辛い治療を選択するより、何もしないを選択するのは飼い主として愛情が無いことになりますか?

 

このように、全国には、今のあなたと同じ様に、

「ここからなんとかならないか?」

「なんとかならないとしても苦しまないようにしてあげられないか?」

と暗中模索している飼い主さんはたくさんいらっしゃるのです。

 

「腎臓病は一度なると治りません!」

という宣告を受け入れるのも一つ!

「それは原因をそのままにしていればそうなるって話でしょ?原因が減れば、数値が下がる可能性だってあります!」

と取り組んでみるのも一つ!

あなたならどちらを選びますか?

 

もちろん、どちらだっていいのですが、人生には「選択したようになる」という原理原則があることを思い出したいものです。

 

 

原因療法をやって15年、飼い主さんに鍛えていただいた

 
 

2007年から15年、全国の諦めない飼い主さん達に鍛えていただいた おかげで、たくさんの経験をさせていただきました。とはいえ、何ごとも「道」でございますので、奥が深く、まだまだ学びの途中ではございます。

 

しかし、15年も朝から晩まで同じことをやっていると、それなりに経験値が増え、悩める飼い主さんのお役に立てる様にもなってきたようです。

 

とにかく、ここでお伝えしたいのは

「諦めるのは早い!まだ選択肢が残っているかもしれない!」

ということです。

 

そんな原因療法を受診した飼い主さん達から、いつも言われることがあります。

 

 

 

原因療法をもっと多くの飼い主さんに教えて欲しい」

 
 

当院では、腎臓病に限らず、その症状・病気の原因がどこに何があって、何を使ったら排除できるか?を2007年から一頭一頭、丁寧に探ってきました。

 

そして

●根本原因を探り

●根本原因を取り除き

●原因の量を処理能力の範囲内

に落ち着かせたら…

 

腎臓病の子達に限っていえば、

●クレアチニンの値が基準値に戻った!

●クレアチニンの値は若干しか下がらなかったが、食欲が戻った!

●シッポの毛が生えてきた!

●お腹の赤みがなくなった!

●お腹のシミがなくなった!

●外耳炎が落ち着いた!

●腰の脱毛が生えてきた!

などの様々な変化がありました。

 

その飼い主さん達からは、

「私達は原因療法について、お友達にすら正確に伝えられないので、ぜひ、この情報を他の必要とされている方々にも、先生の口から直接セミナー等で伝えて欲しい…そして、必要とする方に必要なタイミングで届いて欲しい…」

と言われました。

 

そんな経緯で…

 

 

 

諦めないと決意したあなたへ

 

 

「大切な家族だから、少しでも長生きして欲しい」

 

「例え腎臓病になっても、健康寿命を全うさせてあげたい」

 

「腎臓病について、ネガティブな未来像を断定されたけれど諦められない!」

 

「何か他の方法はないか?と探している!」

 

「可能ならば悪化・再発しないようにできることを知りたい…」

 

「更に可能ならば、改善できる可能性を探りたい!」

 

「治らなくても、苦しまずに楽な最期を迎えさせたい!」

 

という方に、

一般的な対症療法とは逆の視点である、原因療法の視点から、机上の空論ではなく、「実際の診療で確かめてきた」「現実的な選択肢」を拡げるために「腎不全の犬猫に原因療法的視点で何をすべきで、何をすべきでないか?」を学ぶ機会として、この度、

 

腎臓病対策と予防 諦めない犬猫の飼い主ができること 原因療法編 2022

というタイトルのセミナーを開催いたします。

 

須崎動物病院が得意とする「原因療法」を通じて、

●腎臓病が改善したケース

●改善できなかったケース

を比較し、

「何が改善に繋がったのか?」

「何が改善に繋がらなかったのか?」

の「最新情報(2022年4月時点)」

についてお話しさせていただきます。

具体的には以下のような内容をお伝えする予定です。

そのほんの一部をご紹介いたしますと…

 

 

こんな内容が学べます

 

☑️ 腎臓は失った機能は回復しないってホント?

☑️ 結局、腎臓病対策に一番効果的なケアはなに?

☑️ BUNだけが高いのに腎不全ってホント?

☑️ クレアチニンが下がったケースは?

☑️ 腎不全になると完治しないってホント?

☑️ 素人が解るように状態をわかりやすく説明して欲しい

☑️ 先代の子を腎不全で亡くしたので、今いる子を腎臓病にしたくないので、気を付けることは?

☑️ 大量に水を飲むって、大量ってどのくらい?

☑️ 腎臓病は輸液をしないとダメ?(暴れる…)

☑️ クレメジン、コバルジン、ラプロス、リン吸着剤、ネフガード、カリナールなどについて

☑️ クレメジンが薬の効果を吸収してしまう?

☑️ 腎臓病になった犬・猫が助かる可能性はどれくらい?

☑️ 点滴で数値は下がってきたが、値は下がり止まりした…次はどうする?

☑️ 水道水を飲むと腎不全になるって本当ですか?

☑️ 水素水は有効ですか?

☑️ あまり運動させない方がいい?

☑️ 療法食を食べてくれないが、獣医師からは「市販フードを食べさせないでくれ」と言われている…

☑️ 今は問題ないが、予防のために療法食を食べておいた方がいい?

☑️ 一歳で慢性腎不全と言われましたが、一歳でも発症することがある?

☑️ 腎臓病の子に手作り食は危険なのでしょうか?

☑️ 慢性腎不全の場合、身体に痛みや苦しさを感じますか?

☑️ 動物性タンパク質と植物性タンパク質、どちらなら食べても大丈夫ですか?

☑️ 鶏の胸肉は腎臓に負担がかかるといわれましたが、これしか食べてくれません…

☑️ 食欲がないときにどう対処したらいいですか?

☑️ 「リンを含むものは食べさせないで」と言われました。食べさせていけない食材が何で、何を食べさせたらいいですか?

☑️ 腎臓病にオススメのハーブはなんですか?

☑️ 腎臓病にオススメの漢方はなんですか?

☑️ 腎臓病にオススメの食材はなんですか?

☑️ 腎臓病によい食材・栄養素

☑️ おやつはあげちゃダメですか?

☑️ 腎臓病の進行を止める方法とは?

☑️ 薬漬けにしたくないのです…

☑️ 腎臓病は薬を一生飲み続けないとダメ?

☑️ 点滴するのがかわいそうで、点滴以外の方法はないですか?

☑️ 苦しい思いをせず、穏やかな老後を過ごして欲しい

☑️ 急激に腎臓病が進行することがないようにしたい

☑️ 急性腎不全を慢性腎不全にしたくない

☑️ 治らないなら苦しまないようにしてあげたい

☑️ シャンプーで急性腎不全になったりしますか?

☑️ 萎縮して小さくなった腎臓は元に戻りませんか?

☑️ 抗生物質を使うと腎不全になることもあるって本当ですか?

☑️ 急性腎不全と慢性腎不全で治療に違いはありますか?

☑️ 腎不全で腎生検は必要ですか?

☑️ ある獣医師には「タンパク質と塩分を減らして、摂っていいのは炭水化物、脂肪、食物繊維」と言われましたが、別の獣医師には「穀物は腎臓に大きな負担を与えるので控えるように」と言われました。どちらが正しいのでしょうか?

☑️ オゾン療法は効果的でしょうか?

☑️ 腎臓をケアするのはお灸が一番?

☑️ 獣医師に「大丈夫ではない状態」と言われました。これはどういう意味でしょうか?

☑️ 腎臓病の積極的な治療は「ただ、苦しめるだけなんだよ」と言われましたが、本当でしょうか?だとしたら、何もしないで見守るのが一番いいのでしょうか?

☑️ かかりつけの動物病院は小さい時からお世話になっているのですが、腎不全と診断されたら「治療を続けても治る見込みはないし、獣医師としての意見は助かる可能性はないです。」と積極的な治療をしてもらえません。このままでいいのでしょうか?

☑️ 何かしてあげたいのですが、触られるのも嫌みたいで、逆にストレスをかけさせているのではないかとも思います…

☑️ 積極的な治療はさせずに、残りの時間をできる限り静かに過ごさせてあげたいと思っていますが、こんな飼い主はダメですか?

☑️ あとどのくらい一緒にいられるのか…他に何かしてあげられることはありませんか?

 

などについて(まだまだございます)、

当院で経験したことをお話しさせていただきます。

 

 

 

こんな方に受講して頂きたいです

 
 

愛犬・愛猫が腎臓病の飼い主さんはもちろんのこと、トリマーさんやペットサロン等の動物関連業務に携わる方で、困っている飼い主さんに選択肢を提示できる、頼れる動物関連業務者になりたい方も必見です!また、先代を腎不全で亡くしたから、今いる子、次迎える子を腎臓病で亡くしたくないから、先に知っておきたい!という方にもオススメです。

 

では、これだけの内容をどの様なスタイルで学ぶ事が出来るのでしょうか?

 

 

 

今回もリモートセミナーです!

 

本来ならば、実際に顔を突き合わせて、

理解度を確認しながら進めて行くのが一番ですが、

残念ながら昨今の事情から、リモートセミナーとなります。

 

しかし、リモートセミナーをするとお伝えしたら、受講希望者からこんな不安の声が届きました…

 

 

受講時の機械トラブルで聴けなかったりするのが不安…
 
 

「リアルタイム配信だと、当日、こちらの受信がうまくいかないとき、その時間は受講出来ないことになるのでしょうか?機械トラブルとか、通信トラブルとか、当日何が起こるか、とても不安です…」というご心配の声を多数いただきました。 

そこで私達はこう解決します!

あなたの機械や通信トラブル対策として、

受講者に不安のあるリアルタイム配信ではなく、【収録動画配信】することにいたします!

ですから、どうぞご安心下さい!

これで、機械トラブルとか、通信トラブルなどがあっても心配はご無用で、いつでもご都合のよろしい時に受講出来ます!

 

さらに…

収録動画配信ですから、あなたの都合に合わせてお好きな時間に視聴できます!

それと…

 

 

急に予定が入ったらどうしよう…

 
 

配信日に仕事や予定があっても大丈夫!これも毎回あるので、何度もお伝えしますが、

「収録動画配信だから、いつでも視聴出来ます!」

とお伝えしているにもかかわらず、

「一度申し込んだのですが、その日仕事が入ってしまったので、残念ですがキャンセルさせて下さい。」

というメールが届くことがあります。

 

その様な方に

「収録動画ですからいつでもご視聴できますよ?」

と返信すると、

「それなら受講します!」

とご安心いただけます。

 

本当にキャンセル希望であれば仕方ないのですが、受講したいのに泣く泣くキャンセルするのはもったいないとですよね。

 

また、

 

 

聴き逃したらどうしようと不安…

 
 

「聴き逃したらどうしよう…」「途中で電波が入らなくなったり、機械が動かなくなったらどうしよう…」とご心配の方もご安心下さい!

 

収録動画配信なので、配信後は繰り返し視聴出来ますし、

急な予定変更があっても諦める必要はありません!

 

 

 

遠方だから参加は難しいでしょうか…

 

もちろん、リモートですから、今まで「どうせ東京なんでしょう…」と参加を諦めてきた方も大丈夫!

「参加したかったけれど遠い…都合が合わない…」

 

今までそう諦めてきた方も、時間や場所を気にせず参加する事ができます。

 

そして、「うちの機材で視聴出来るか心配…」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

事前にお試し動画で視聴テスト!

 

 

今回初めてご視聴される方でも、事前に「お試し動画」で視聴テストをしていただくので、配信スタート後、視聴出来ないといったトラブルもございません。そして「今までいろいろ勉強してきたしなぁ…」という方にこそ受講して頂きたい内容なのです!

 

 

 

今まで学んできたことの答え合わせにも最適!

 

私もそうなのですが、独学で学ぶと、いつの間にか偏ってしまうことがあります。

そして、自分が偏っているかどうかは、自分では気付けないという現実があります。

だから、知識が偏っている人ほど「私は大丈夫」と過信してしまうのは、周りを見渡しても御納得いただけると思います。

私も、頼りにされる職業ですから、常にいろいろな視点を勉強し、偏りを最小限にしようと努力しております。

そのために学習費用として年間1000万円を計上しておりますから、年間999万円を学習費用にしている人よりは、1万円分多く勉強しているつもりです。

ですから、あなたが学んできた事が適切かどうかを確認するためにも、ぜひ受講してみてください。

 

繰り返しますが、

機械トラブルとか、

通信トラブルとかのご心配もございません!

 

また、今まで学んできたことの答え合わせにもいい機会でございます。

そして、ネットに散らばる情報が適切なのかどうかも確認出来る絶好の機会になると思います。

 

さらに加えて、「知りたいことが聴けなかった」というご心配もご無用でございます!

 

 

 

わからないことは後で質問出来る!

 

リモートセミナーですと、こちらからあなたの表情が把握出来ないので、充分に理解していただけるかどうか確認できません。

 

こちらも最善を尽くしますが、あなたの疑問が残ったままになってしまう心配が拭えません。

そこで!

あなたがリモートセミナーを受講して疑問に思われたことを、後日ご質問頂き、それに対して解答動画を作成してお送りすることにします!

 

その解答動画でまた解らない事があれば、またご質問いただき、それに対する解答動画を作成してお送りします!

 

これを期間中繰り返しやりますので、あなたが質問を諦めない限り、学びたい事が学べる内容となっております。

 腎臓病対策と予防 諦めない犬猫の飼い主ができること 原因療法編 2022

 5月30日(月) 13:00〜 公開

 

 

 

まとめ!!

 
 

リモートセミナーですと、こちらからあなたの表情が把握出来ないので、充分に理解して今回のセミナーで学んで頂く内容は以下の通りです。

☑️ 腎臓は失った機能は回復しないってホント?

☑️ 腎臓病対策に一番効果的なケアはなに?

☑️ BUNだけが高いのに腎不全ってホント?

☑️ クレアチニンが下がったケースは?

☑️ 腎不全になると完治しないってホント?

☑️ 素人が解るように状態をわかりやすく説明して欲しい

☑️ 先代の子を腎不全で亡くしたので、今いる子を腎臓病にしたくないので、気を付けることは?

☑️ 大量に水を飲むって、大量ってどのくらい?

☑️ 腎臓病は輸液をしないとダメ?(暴れる…)

☑️ クレメジン、コバルジン、ラプロス、リン吸着剤、ネフガード、カリナールなどについて

☑️ クレメジンが薬の効果を吸収してしまう?

☑️ 腎臓病になった犬・猫が助かる可能性はどれくらい?

☑️ 点滴で数値は下がってきたが、値は下がり止まりした…次はどうする?

☑️ 水道水を飲むと腎不全になるって本当ですか?

☑️ 水素水は有効ですか?

☑️ あまり運動させない方がいい?

☑️ 療法食を食べてくれないが、獣医師からは「市販フードを食べさせないでくれ」と言われている…

☑️ 今は問題ないが、予防のために療法食を食べておいた方がいい?

☑️ 一歳で慢性腎不全と言われましたが、一歳でも発症することがある?

☑️ 腎臓病の子に手作り食は危険なのでしょうか?

☑️ 慢性腎不全の場合、身体に痛みや苦しさを感じますか?

☑️ 動物性タンパク質と植物性タンパク質、どちらなら食べても大丈夫ですか?

☑️ 鶏の胸肉は腎臓に負担がかかるといわれましたが、これしか食べてくれません…

☑️ 食欲がないときにどう対処したらいいですか?

☑️ 「リンを含むものは食べさせないで」と言われました。食べさせていけない食材が何で、何を食べさせたらいいですか?

☑️ 腎臓病にオススメのハーブはなんですか?

☑️ 腎臓病にオススメの漢方はなんですか?

☑️ 腎臓病にオススメの食材はなんですか?

☑️ 腎臓病によい食材・栄養素

☑️ おやつはあげちゃダメですか?

☑️ 腎臓病の進行を止める方法とは?

☑️ 薬漬けにしたくないのです…

☑️ 腎臓病は薬を一生飲み続けないとダメ?

☑️ 点滴するのがかわいそうで、点滴以外の方法はないですか?

☑️ 苦しい思いをせず、穏やかな老後を過ごして欲しい

☑️ 急激に腎臓病が進行することがないようにしたい

☑️ 急性腎不全を慢性腎不全にしたくない

☑️ 治らないなら苦しまないようにしてあげたい

☑️ シャンプーで急性腎不全になったりしますか?

☑️ 萎縮して小さくなった腎臓は元に戻りませんか?

☑️ 抗生物質を使うと腎不全になることもあるって本当ですか?

☑️ 急性腎不全と慢性腎不全で治療に違いはありますか?

☑️ 腎不全で腎生検は必要ですか?

☑️ ある獣医師には「タンパク質と塩分を減らして、摂っていいのは炭水化物、脂肪、食物繊維」と言われましたが、別の獣医師には「穀物は腎臓に大きな負担を与えるので控えるように」と言われました。どちらが正しいのでしょうか?

☑️ オゾン療法は効果的でしょうか?

☑️ 腎臓をケアするのはお灸が一番?

☑️ 獣医師に「大丈夫ではない状態」と言われました。これはどういう意味でしょうか?

☑️ 腎臓病の積極的な治療は「ただ、苦しめるだけなんだよ」と言われましたが、本当でしょうか?だとしたら、何もしないで見守るのが一番いいのでしょうか?

☑️ かかりつけの動物病院は小さい時からお世話になっているのですが、腎不全と診断されたら「治療を続けても治る見込みはないし、獣医師としての意見は助かる可能性はないです。」と積極的な治療をしてもらえません。このままでいいのでしょうか?

☑️ 何かしてあげたいのですが、触られるのも嫌みたいで、逆にストレスをかけさせているのではないかとも思います…

☑️ 積極的な治療はさせずに、残りの時間をできる限り静かに過ごさせてあげたいと思っていますが、こんな飼い主はダメですか?

☑️ あとどのくらい一緒にいられるのか…他に何かしてあげられることはありませんか?

収録時間:今回収録時間2.5時間(質疑応答含む)追加の質問動画で合計4時間以上

腎臓病のセミナーでここまでの超大作は過去ございません、

きっとお困りの飼い主さんには貴重な時間かと思います。

収録動画配信ですので、お好きな場所でお好きな時間にご視聴頂けます。

 

 

 

自力で調べて、試して、自信を持てますか?間に合いますか?

 

ここで想像していただきたいのですが、

 

自力で

●現在行っていることとは違う情報を

●効果が出るかどうかを

●理由付きで学べる…

●効果が出ない条件も学べる…

 

 

もしあなたがこの情報収集と取捨選択を、自力でやったらどれ位の時間がかかるでしょうか?

どれ位の労力がかかるでしょうか?

どれ位の費用がかかるでしょうか?

そして、それを学んだとして「これが正しかった!」と、どのようにして確信をもちましょうか?

 

そう、

自力でやって自信を持てるわけがないのです!

 

 

だって、

あなたの犬や猫で試すしかないのですから…。

 

 

あなたの大切な愛犬・愛猫に、

しかも深刻かもしれない状況で、不確かなことを試せますでしょうか?

特に腎臓病は、「一度なると治らない」と言われているということは、今が一番良い状態で、明日は今より悪くなるという意味です。

ですから「試してみます」なんてことをしているうちに

「自然治癒力だけで治癒できた時期を逸して、泣いて後悔する」

なんてことになったら

「それはしかたないっ!」と受け入れられますか?

ほとんどの人が「あんなことするんじゃなかった…」という後悔を抱えて当院にお越しになるのです。

 

ですから、腎不全に関しては、結果を出してきたプロにしっかりと学んで、質問で最適化すればいいのです。

 

腎臓病と診断されたら、「一度なったら治らないわけですから、」

普通は
今が一番良い状態で
明日は今より悪い状態になる

のです。

 

ですから、出来るだけ早く効果的に着手する必要があります。

間違った方向に時間や労力、費用を費やしているような余裕は無いのです!

時間は買うものです!

と私はこれまでの飼い主さん達とのやり取りから思います。

 

そういう『選択肢があるんだ』ということを覚えておいてください。

 

やみくもにネットで検索して落ち込んだりするよりも、

適切かつ現実的で、一生使える知識・考え方を学べるこの講座を、

●現在、腎臓病の犬猫の飼い主さんは、新たな方向性を探るために

●現在、元気な犬猫の飼い主さんは、「転ばぬ先の杖」を手に入れるために

ぜひ、この機会をご活用下さい。

 

とここで「まさか無料セミナーで釣って、何か買わせようとしているのでは?」と疑心暗鬼になる方もいらっしゃるかもしれません…

 

 

 

ご安心ください、有料のセミナーです!

 

「安かろう悪かろうで時間をムダにするのはイヤ…」

「無料セミナーでヘンなものを買わされるのでは?」

などと、今まで嫌な思いをしてきた、あるいはガッカリしてきた方にこそ、自信を持ってお薦めできる内容とシステムです。

 

では、その自己投資費用はいかほどなのでしょうか?

 

 

自己投資費用

 

通常、須崎のセミナーは1時間で2万円程度を申し受けております。

しかも、今回は最低でも4時間以上のセミナーになります。

そうすると、時間的に計算すると8万円となります。

さらに、質疑応答も入れると、もっと長時間になる可能性があります。

 

しかし!

そんな高額セミナーでは多くの方が参加出来ないかもしれません。

 

そこで!

一生使える教材を真剣に学びたい方のために、

そして、このタイミングでこの記事をご覧になって申し込まれた方には

 

22,000円(税込) でご参加いただけます!

受講料のお支払いはクレジットカード決済も可能です!

ですからクレジットカードの分割払いをご利用頂くと月々のご負担も、さらに少ない価格で受講して頂けます(各自でクレジット会社で手続きをお願いいたします)。

 

そして「昔から何ごとも行動の早い人は得をするもの」です…

 

 

 

気になる受講料!

 

この度の参加費用ですが、

●15年間の原因療法の集大成と最新情報が

●通常1時間2万円のセミナー費用が

●4時間以上のセミナー内容で

●解らない事は質疑応答で答えてもらえる

●さらに収録時間が長くなる

そんな内容が22,000円(税込)で受講できます。

正直申し上げて、この時点でかなり破格です!

 

 

そして9,900円(税込)で受講できる、お得な選択肢があと二つございます!

 

 

ペット食育協会®一般会員早割制度を活用!

 

ここまでお読みいただいて、

更にお得に受講できるお知らせがございます!

 

 

ペット食育協会(APNA)では一般会員制度がございます

 

APNA一般会員とは

ペット食育協会の趣旨に賛同し、年会費をお支払いいただくと
●会長須崎が解説するペットの食事・栄養の質疑応答動画見放題(現在、300タイトル以上)
●手作り食実践情報満載の会報誌が郵送される(偏らない・忘れない)
●セミナーの優先告知
●セミナーの割引き
といった特典が付いてきます。

ペット食育協会(APNA)一般会員の入会費用は以下の通りです。

————————————-
APNA一般会員費

1年間 8,800円(税込)
入会金 5,500円(税込)

※入会金は初年度のみ
————————————-

 

今回のセミナーは、
なんと会員割引きを適用すると、

 

9,900円(税込)!!

 

でご視聴ができます。

また動画公開も有料会員さまは1週間早くスタート致します。

有料会員は5月23日(月) 13:00〜 公開

年間2本以上須崎のセミナーを受講される方と、お急ぎの方は、

先ずはAPNA一般会員へお申込される事をおすすめ致します!

 

 

APNA一般会員について詳しくはこちら

 

 

APNA一般会員へのお申し込みはこちら

 

会員ご登録完了後、

『会員専用』のセミナーお申込フォームのお知らせをさせていただきますので、

是非ご活用いただければと思います。

 

 

 

ペットアカデミーオンラインご入会でセミナー会員価格に!

 

 

ペットアカデミーとは

 

獣医学の専門家である獣医師『須崎恭彦』が、

診療からの豊富な経験に加え、

最新の学術論文を選定・読み込みまとめ、

わかりやすく解説したペットのホリスティックケアの通信講座です。

 

 

オンライン会員とは

 

わかりやすく解説したクオリティの高い講義を、

インターネットを利用した学習形態で、

とにかく、ペットについて、基礎から最先端までしっかり学びたい、

そしてアドバイスできるようになりたいという有料会員を指します。

 

 

ペットの栄養学から、ワクチン、ガンなどが

基礎コース・上級コース併せて470本以上の教材から幅広く学べます。

 

ぐらつかない、骨太な知恵を身につけたいという、真剣な方はぜひお申し込みください。

また、そうなりたいという方のお申し込みもお待ちいたしております。

 

一般の飼い主さまからペット業界の方まで、

コース選択で存分にご活用が可能です。

また、忙しい方でも、家事の合間、通勤途中など、

スマホ片手に何度でも学習ができるシステムです。

 

 

そして今回のセミナーは、

このペットアカデミーオンライン会員の方も、会員価格 

 

9,900円(税込) 

 

でご参加頂けます。

 

また動画公開も有料会員さまは1週間早くスタート致します。

有料会員は5月23日(月) 13:00〜 公開

 

もちろん今からのご入会でも大丈夫!

 

年会費と各コースの年間受講料が別途必要ですが、

●結果を出している獣医師から

●気になることをすぐに学べて

●セミナーに会員価格または無料で参加できる

●しかも、質疑応答動画は時間無制限!

 

と、大変有益な講座となっております。

 

是非あなたさまのペットライフにご活用下さい。

 

 

ペットアカデミー各種コース紹介&お申込はこちら

 

会員ご登録完了後、

『会員専用』のセミナーお申込フォームのお知らせをさせていただきますので、

是非ご活用ください。

 

 

 

まとめ

 

 腎臓病対策と予防 諦めない犬猫の飼い主ができること 原因療法編 2022

 5月30日(月) 13:00〜 公開

 

 

セミナー内容

☑️ 腎臓は失った機能は回復しないってホント?

☑️ 腎臓病対策に一番効果的なケアはなに?

☑️ BUNだけが高いのに腎不全ってホント?

☑️ クレアチニンが下がったケースは?

☑️ 腎不全になると完治しないってホント?

☑️ 素人が解るように状態をわかりやすく説明して欲しい

☑️ 先代の子を腎不全で亡くしたので、今いる子を腎臓病にしたくないので、気を付けることは?

☑️ 大量に水を飲むって、大量ってどのくらい?

☑️ 腎臓病は輸液をしないとダメ?(暴れる…)

☑️ クレメジン、コバルジン、ラプロス、リン吸着剤、ネフガード、カリナールなどについて

☑️ クレメジンが薬の効果を吸収してしまう?

☑️ 腎臓病になった犬・猫が助かる可能性はどれくらい?

☑️ 点滴で数値は下がってきたが、値は下がり止まりした…次はどうする?

☑️ 水道水を飲むと腎不全になるって本当ですか?

☑️ 水素水は有効ですか?

☑️ あまり運動させない方がいい?

☑️ 療法食を食べてくれないが、獣医師からは「市販フードを食べさせないでくれ」と言われている…

☑️ 今は問題ないが、予防のために療法食を食べておいた方がいい?

☑️ 一歳で慢性腎不全と言われましたが、一歳でも発症することがある?

☑️ 腎臓病の子に手作り食は危険なのでしょうか?

☑️ 慢性腎不全の場合、身体に痛みや苦しさを感じますか?

☑️ 動物性タンパク質と植物性タンパク質、どちらなら食べても大丈夫ですか?

☑️ 鶏の胸肉は腎臓に負担がかかるといわれましたが、これしか食べてくれません…

☑️ 食欲がないときにどう対処したらいいですか?

☑️ 「リンを含むものは食べさせないで」と言われました。食べさせていけない食材が何で、何を食べさせたらいいですか?

☑️ 腎臓病にオススメのハーブはなんですか?

☑️ 腎臓病にオススメの漢方はなんですか?

☑️ 腎臓病にオススメの食材はなんですか?

☑️ 腎臓病によい食材・栄養素

☑️ おやつはあげちゃダメですか?

☑️ 腎臓病の進行を止める方法とは?

☑️ 薬漬けにしたくないのです…

☑️ 腎臓病は薬を一生飲み続けないとダメ?

☑️ 点滴するのがかわいそうで、点滴以外の方法はないですか?

☑️ 苦しい思いをせず、穏やかな老後を過ごして欲しい

☑️ 急激に腎臓病が進行することがないようにしたい

☑️ 急性腎不全を慢性腎不全にしたくない

☑️ 治らないなら苦しまないようにしてあげたい

☑️ シャンプーで急性腎不全になったりしますか?

☑️ 萎縮して小さくなった腎臓は元に戻りませんか?

☑️ 抗生物質を使うと腎不全になることもあるって本当ですか?

☑️ 急性腎不全と慢性腎不全で治療に違いはありますか?

☑️ 腎不全で腎生検は必要ですか?

☑️ ある獣医師には「タンパク質と塩分を減らして、摂っていいのは炭水化物、脂肪、食物繊維」と言われましたが、別の獣医師には「穀物は腎臓に大きな負担を与えるので控えるようび」と言われました。どちらが正しいのでしょうか?

☑️ オゾン療法は効果的でしょうか?

☑️ 腎臓をケアするのはお灸が一番?

☑️ 獣医師に「大丈夫ではない状態」と言われました。これはどういう意味でしょうか?

☑️ 腎臓病の積極的な治療は「ただ、苦しめるだけなんだよ」と言われましたが、本当でしょうか?だとしたら、何もしないで見守るのが一番いいのでしょうか?

☑️ かかりつけの動物病院は小さい時からお世話になっているのですが、腎不全と診断されたら「治療を続けても治る見込みはないし、獣医師としての意見は助かる可能性はないです。」と積極的な治療をしてもらえません。このままでいいのでしょうか?

☑️ 何かしてあげたいのですが、触られるのも嫌みたいで、逆にストレスをかけさせているのではないかとも思います…

☑️ 積極的な治療はさせずに、残りの時間をできる限り静かに過ごさせてあげたいと思っていますが、こんな飼い主はダメですか?

☑️ あとどのくらい一緒にいられるのか…他に何かしてあげられることはありませんか?

 

収録時間:四時間以上(質疑応答含む)

収録動画配信ですので、お好きな場所でお好きな時間にご視聴頂けます。

 

 

 

動画開始スタート日程

 

 

 

通常価格でお申し込み  

通常価格で申し込む  セミナー受講料22,000円(税込)

 

APNA年間会員(有料)お申し込み  

APNA一般会員ご入会後、早割と会員割引きでセミナーを申し込む  セミナー受講料9,900円(税込)

入会金5,500円(税込)・年会費8,800円(税込)

お手続き完了後、『会員専用』のセミナーお申込フォームをお知らせします

 

ペットアカデミーオンライン会員(有料)お申し込み  

ペットアカデミーご入会後、早割と会員割引でセミナーを申し込む  セミナー受講料9,900円(税込)

入会金11,000円(税込)・年間受講料48,400円(税込)/121,000円(税込)

お手続き完了後、『会員専用』のセミナーお申込フォームをお知らせします

 

 

お申込直後に『必ず自動返信が届きます』
不着の方は『迷惑メールフォルダーをご確認後』事務局までご連絡をお願いいたします。

 

 

また、自動返信が届かない方は再度お申込されるのではなく、
こちらよりご連絡をお願い致します。

 

お申込の前にこちらをお読み下さい

お申込アドレスのドメインが
『@icloud.com 』『@i.softbank.jp』『@docomo.ne.jp』『@ezweb.ne.jp』の方は
メールが届かないことが多発しております。
『@icloud.com 』につきましては大変申し訳ございませんが、
一部サーバーでspamhausというフィルタリングにブロックされているため、
Apple系(icloud.com)のアドレスについてメールが非常に届きにくくなっております。
可能であればApple系以外のメールアドレスに変更して頂くとスムーズに手続きが進みます。
『@i.softbank.jp』『@docomo.ne.jp』『@ezweb.ne.jp』の方は、
お申込前に info@1petacademy.com ←こちらのアドレスの受信を許可設定をお願いできればと思います。

 

 

よくある質問をまとめましたので、参考になさって下さい。

Q.早割期間を過ぎてからの申込は割引価格は適用されませんか?

A.申し訳ございません。早期にお申し込み頂いた方への特典となっております。

期限までにお申し込み下さいますようお願いいたします。

 

Q.お申込後の自動返信が届きません。

A.メールアドレスの記入ミスか、自動返信メールが迷惑メールと判断されている迷惑フォルダー確認してもない場合

不着の可能性がございますので、事務局までご連絡をお願い致します。

 

Q.ID・パスワードがわかりません。

A. 既に発行済みの方は事務局までご連絡をお願いします。追ってお知らせいたします。
初めての方は受講料確認後事務局よりご案内します。ご入金後1週間経ってもお知らせがない場合や、

迷惑フォルダーを確認してもない場合、不着の可能性がございますので、事務局までご連絡をお願い致します。

 

Q.領収証は発行してもらえますか?

A.申し訳ございませんが、領収証の発行はしておりません。

 

Q.キャンセル後の返金はありますか?

A.お振込後の受講生都合のキャンセルへの返金は行っておりません。

事前によくご検討の上お申込み下さい。

 

Q.APNA一般会員になった方がお得ですか?なかなか決断ができません。

A.今後年間2回以上、ペット食育協会及び、ペットアカデミー主催のセミナーに参加される可能性がございましたら、

一般会員にご入会された方がよろしいかと思いますが、ご決断はご自身でご検討願います。

 

●ご不明な点がございましたらお気軽にお寄せ下さい

 

 

  腎臓病対策と予防 諦めない犬猫の飼い主ができること 原因療法編 2022

 

 5月30日(月) 13:00〜 一般公開

 

 

追伸

 

腎臓病は今日が一番軽症です!

一刻も早く、適切かつ効果的な対処を学び、愛犬・愛猫が苦しまずにすむ選択をしてあげてください。

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

ブログTOPへ