【手作り食】痩せさせたい犬と太らせたい犬②

Text by Staff M

2017.06.11

大食漢で体脂肪(体重ではないことにご注意を!)が気になるなら、全体の割合でご飯やお肉・お魚を減らして、野菜の分量を増やせばいいだけです。

簡単ですね!

最初はニンジンなどの甘い野菜から始めれば、抵抗なく受け入れてくれるはずです。

でも、こんなことを言うと、中には「野菜が便にそのまま出て来て、栄養がちゃんと吸収されているかどうか、心配です。」という声もありますが、

1.(汚い話ですが)あなたがトウモロコシやヒジキをよく噛まずにたくさん食べた翌日の便がどうなっているかを思い出し、

2.それを見たあなたは、「私、栄養不足になっちゃうかも…」など、同様の不安を抱かないことを確認し、

3.だからこの子も長い目で見れば大丈夫!

と言い聞かせてください。

こんにち、栄養過多の問題はあっても、それなりの量をきちんと食べているなら、栄養不足には、なかなかなれません。

仮に万が一、食が異常に細いケースを除き、栄養失調になることがあったら、それはペットというより、飼い主さんご自身の食生活の方が心配です。

「いろいろ食べていれば大丈夫!」の
「いろいろ」の概念が、私とは違うのかもしれません。

だとしたら、その違いを埋め合わせればいいだけですね。

ほとんどの方の場合、この辺の感覚は大丈夫だと思いますよ。
だから安心して取り組んでみてください。

RECENT ENTRIES