【診療中にテーブルにアゴ乗せてくつろぐ犬】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff C

2017.03.30

【診療中にテーブルにアゴ乗せてくつろぐ犬】

膀胱にできた腫瘍で余命宣告までされた7歳のトイプードルは、余命宣告された日が近づいてきましたが、原因を取り除きつつあるからか、舌の色も良く、食欲もあって元気です。トリートメント中に気持ちいいのか、机にアゴをのせてくつろいでます(笑)。

原因が何かは個々で変わりますが、腫瘍には必ず原因があります。その「根本原因」を放置したままで、腫瘍だけ切り取ったり、サイズだけ小さくしようとしたりすると、飼い主さんが望まなかった結果になることがあるんですよね。

もしあなたが、「腫瘍は小さくなりさえすればいい」などと考えていたとしたら、予備知識が正確でない可能性がかなり高いのと、いざという時にしなくていい対処を一生懸命取り組んで、後で後悔するかもしれませんので、お気を付け下さい。

RECENT ENTRIES