うまく行っていないときに 集中すると良い改善ポイントとは?

Text by Yasuhiko Susaki

2017.01.07

これは、過去の個別相談から感じることですがうまくいかない状態のときは、うまくいっているときに比べて、物事を「現実的」かつ「的確」に、判断する力が低下していることがほとんどです。

 

この様な状態で、「自分なりにやってみます」「自分なりに考えています」「試してみます」という選択をする方は、

ちょっと視点を変えて、

 

======

すでに結果を出している方から教えをいただこう。

======

 

というスタンスが、時間短縮の観点からオススメです。

 

それぞれのジャンルの先人に、ヒントをいただくことで、自分の判断力を取り戻していきます。

とかくうまく行かないときほど、「この苦境を自力で乗り越えるんだ!」と思いがちですが、いっそのこと、ハマってしまったときは、“自分の判断力を過信せず、人の手を借りても良いんだ”ということを覚えておいても損はないかもしれません。

 

大切なことは、「自力」にこだわることではなく、ゴールに到達することなのですから…

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る