「方法は百万通りある」 にこだわってみる→実績→集中力強化

Text by Yasuhiko Susaki

2017.01.08

前回から、勉強が「うまくいかない…」と感じたときは、主に三つの原因が考えられるというお話しをさせていただいております。

 

今日はその二番目、

2)やり方がわからない「どうやって」やればいいの?

は、「みんなと同じでいたい」という気持ちが強い方に多く見受けられます。受験勉強で例えますと‥

 

● 合格する方法

●「良い」参考書

●「良い」ノートの取り方

 

などなど、まるで、

●この通りにすれば誰でも合格が出来る魔法の様なツール・ルールがある

と勘違いされている方が少なくありません。

 

極端な話、チラシの裏にペンで殴り書きで勉強してもいいのです。

合格の本質は、「本番にノートは持ち込めない」です。

==========

頭で自由自在に情報を引き出し、問題を解答するために活用出来る

==========

状態がゴールです。

 

どんなにノートをきれいにとっても、本番には持ち込めませんし、使えません。

だとしたら、ノートを奇麗にとってもぐちゃぐちゃでも、「一度やったことは忘れない」ができれば、どちらでもいいのです。

 

教科書と学校から渡された問題集をやっただけで、志望校に合格出来る子もいれば、塾、家庭教師をフル活用しても合格出来ない子もいます。

 

つまり、「やり方」に「王道」はないということです。

ですから、ご自身がお持ちの教材でまずは取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

出来る人は知っているけれど、自分は知らない「魔法のツール・ルール」なんていうものは無いんだ!とわかったら、安心して取り組めるのではないでしょうか?

どんな教材でも、一冊をキチンと仕上げたら、合格点には近づけ様に作られているものです。

 

自分の選択を信じて、まずは取り組んでみて下さい♪

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る