頑張りたいのに頑張れないとき

Text by Yasuhiko Susaki

2017.01.12

 

Q.休みの日にダラダラしてしまいます…

 

休みの日に、「ダラダラしたい」という気持ちと、「いや、休みの日こそ頑張ろう!」という気持ちとが闘い、結局、ダラダラしてしまいます…。

たぶん無さそうに思うのですが、だとしたら、どうしてそんなに頑張れるのですか?

なんか、頑張りたくなるような気持ちの引き締まるアドバイスお願いいたします。

 

A.どうやったら目の前のことを好きになれるのか!

 

ダラダラして大丈夫なら、ダラダラしていてもいいと思うのですが、何か、前に向かって進みたいというお気持ちがあるということでしょうか?

だとしたら、そんな感じでお話しさせていただきますね。

 

これはあくまでも僕の話ですが、

===

自分は才能に恵まれた人間では無い

===

という自覚があるので、人よりも頑張らなかったら、人に必要とされる人間にはなれないと思っております。

 

そんなわけで、「他人が休んでいるときに頑張れ!」「他人が遊んでいるときに頑張れ!」「他人が頑張っているとき、もっとガンバレ!」と思って生きております。

 

そして、いつ死ぬかなんて分からないし、別に無理に長生きしたいとも思わないし、明日死んでも良いように、

===

今日を目一杯生きよう!

===

と思っております。

 

それと、最後は「気合いと根性!」という考えです。(笑)

ですから、休みの日は、去年までは「年休三日」今年は、「月休一日」を目標に働いております。

 

そんなわけで、「休みの日をダラダラ過ごしたい…」とは今まで思ったことがないです。

僕は、仕事が、楽しくて、楽しくて仕方ないのです。

ですから、やりたくて、結局働いているんですよね。

 

だって、想像してみてください。

誰もわからない、ほとんどの人がさじを投げることの、本質的な原因を探れて、それを取り除いて、改善に持って行けるとしたら、沢山の発見があって、毎日、毎時間が興味深いと思いませんか?

 

それは簡単で、

===

目の前のことを大好きになること

===

です。

 

それが難しいなら、

===

これで人助けをしよう!お役に立とう!喜ばれよう!

===

と思うことです。

 

そうすることで、「自ら」やりたくなるものです。

●この勉強をしたらどんなに世の中に役立つ人間になる基礎として役立つか?

●この仕事をしたら、どんな人を幸せにするか?

●この文章で、どんな人の悩みを解消できるか?

そんなことを考えていると、自然と夢中になれるものです。

 

ただ、私利私欲「だけ」のために…となると、不思議なもので、これが出来にくくなるものです。

ただ、あなたがレベルアップしたら、周りに良い影響を与えるはずですから、そうしたら、あなたが賢くなったり、スキルアップすることは、別に私利私欲のため「だけ」ではなくなりますよね。

 

そんな感じで、ぜひ、視点を変えてみてください。

これからも、充実した生活をお過ごしくださいね。

応援しております。頑張ってください♪

 

でも、ときどき、「どうせ僕は…」なんていう気持ちが起きることがあるかもしれません。

そんなときは、「あなたの成長を阻む想い」を変化させる必要があります。

私を含めて、誰にでも、マイナス思考になる瞬間はあります。

 

ただし、脳は「考えたことを現実に反映させる臓器」なので、マイナス思考に浸る時間は少ない方がいいですよね。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る