刺激し合い、共に成長する関係

Text by Yasuhiko Susaki

2017.01.31

 

一緒に仕事をする、恋愛関係を継続するといった場合、上手く行くか?行かないか?のポイントの1つに、

人間的な成長に対する熱意と成長スピード

があります。

 

ひょっとしたら、私の勘違い・思い込みかもしれませんが、どちらかが成長に対する気持ちが強く、もう一方がぐーたらだと、だんだん溝が出来てきます。

ガマン出来るうちはいいのですが、そのうち、埋め合わせることが出来なくなる…というケースをよく見ます。

 

【成長に対する意欲が違いすぎる→合わない…】

 

よくあるケースが、お一人が、

頑張ったら頑張っただけ評価されたい!だから、極限までスキルと作業効率を高めたい!

という熱い方で、

 

もう一方が

暇さえあれば寝たい…

努力もしたくない…

という感じだと、お互いに不協和音を生じてくることが多い様です(全てではありませんが)。

 

これまでの様々な経験から、

人間的な成長に対する意欲と実践量と、成長スピードは、それなりに合わせた方がいいと思います。

 

【向きは違うが、成長に対する意欲・スピードが似ている場合】

 

ただ、「僕は仕事だけれど、妻は手芸に情熱を傾けている…」という方もいらっしゃるでしょう。

僕は、これは、方向が違うだけで、上昇志向は変わらないわけですから、お互いの話を興味深く聞けるでしょうし、尊重できると思います。

 

ちなみに須崎家では、僕と妻の興味の対象はまるで違いますが、妻が熱心に取り組んでいるジャンルについて、妻が「ねぇねぇ、聞いて聞いてっ♪」と話してきたら、興味を持って聞けます。

 

それは、内容には興味を持てなくても、その成長のプロセスを疑似体験することは、自分にも役立つからです。

妻が頑張っているから、僕も頑張ろう!などの様に、「お互いに刺激し合い、成長する関係になれるだろうか?」という質問は、重要だと思います。

 

もちろん、成長に対する意欲やスピードが合うことが大事なので、「成長しないと決めている者どおし」は価値観が合うと思います。

 

ただ、片方が成長したい!もう片方は成長なんかめんどくさい…と思っている場合は、

●どちらかが変わるか、

●双方が違う価値観を受け入れることが、良い関係を育む上で大事なのではないでしょうか?

 

「でも、価値観が同じ!」ということは、とても重要です。

「この方とは、刺激し合い、成長できる仲になれるのだろうか?」

 

そう自問自答しながら、一つ一つの出逢いに、真剣に向き合いたいと思っておりますが、いかがでしょうか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る