目標が定まらない

Text by Yasuhiko Susaki

2017.02.02

 

大抵の方は、「今の状態ではない状態」に行こうとしますが、脳には、●●でない状態をイメージすると、●●になっている状態をイメージしてからバツをつけるため、実は●●になっている状態をイメージすることになります。

 

また脳には繰り返しイメージすることは、現実に反映するという機能があるので、「●●ではない状態になりたいです。」と毎日願うことは、毎日「●●になっている状態」をイメージするため、当然の結論として「●●になる」ことになるのです。

 

ですから、願望実現のためには、「●●ではない状態」ではなく、「この状態になる!」をイメージする必要があります。

でも、いつも「●●ではない状態」と考えている日々を送ってきたところで、いきなり「この状態になる!」はイメージしにくいものです。

 

そこで、

仮に他人の夢を眺めてみる(刺激を受ける)

その刺激を参考に、自分のやってみたいことを「紙に書いて」みる

をまずはやってみて下さい。

 

ネットで探してみるのも良いかもしれません。

 

しかし、「いきなり書き出せと言われても難しい…。」という方は少なくありません。

 

そんなときは、他人の目標や夢のリストを見て、そこから思いついた目標・夢を書き出すという方法がおすすめです。

===

紙に書いたものは叶うが書かなかったものは叶わない

===

という原理原則があるそうですので、できるだけたくさん書いた方が良いと思います。

 

自分のやりたいことを明確にすることが、成功への第一歩です。

ぜひお試しください。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る