目的・目標の文言が短くて、明確でない気がする

Text by Yasuhiko Susaki

2017.02.05

 

Q.目的・目標の文言が短く明確でない気がしています。

 

自分の人生の目的は

===

「継続するためのレシピ」を作成し、継続する人を育成すること(具体的には「百万人のイチロー選手」を育てる)

===

としているのですが、須崎さんの目的と比べるとちょっと文章が短く物足りない気がしています。

 

自分が心底納得する目的をもつことと、自分の思いを表現する能力をさらに向上させたいです。

こんな状況でどんなことに気をつけたらいいでしょうか?

 

A.望む結果を手に入れるためにすべきことを考える

 

ご質問をありがとうございました。

===

気がついたら富士山にいた!なんていうことはないから、まずは、ゴールを明確にして、そこに行く方法を考えよう!

===

とはよくいわれます。

 

ですから、「ゴール設定」はとても大事なんですね。

‘途中で修正する’

でも、理想的なゴールは、パッと簡単に出てきたりしないかもしれません。

 

そんな時は、少しずつ

●要素を増やしていく

●表現を変えてみる

と、改良しながら育てていってはいかがでしょうか?

 

見直してみる

 

ただ、

●自分の大得意ジャンルではない

●背伸びしすぎ

だったりすると、なんとなく心の奥底で「大きなYes!」が出せずにモヤモヤしたり、躊躇したりしてきます。

 

そんなときは、「これじゃなかったら何をしたいだろうか?」と考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

方向転換するのも‘アリ’です

 

歩き始めてみたら、

●これは違うと感じ始めた

●もっと良いものが見つかった!

など、いろいろ変化があるものです。

 

そんなときは、軌道修正したり、リセットする勇気も持ちたいものです。

ぜひ、質問者様が「心の底から」納得できるゴールを探してください。

そして、「仮決め」で結構ですから、その方向に歩いてみてください。

 

応援しています、がんばってくださいね。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る