失敗はあるでしょ?

Text by Yasuhiko Susaki

2017.02.06

 

Q.失敗することもあると思うのですが・・。

 

===

失敗とは、途中であきらめた人だけが経験することです。

途中であきらめなければ全ては途中経過です。

ですから、成功するまであきらめないと決意した人だけが、集中力を最大限に発揮できるのです。

===

というようなことを、過去何度もあちこちで見聞きしてきました。

 

しかしビジネスの現実問題としては、これに時間・予算・稼働 等の縛りが科せられます。

いくら諦めずに努力を継続しても、所要期間内に達成できなければ成功とは言えません。

顧客がある場合には、その顧客に迷惑をかけることになります。

 

このような考え方は、「いつかわからないけれど、もし実現できたら儲け物」という、かなり限定された世界の話ではないでしょうか。

 

否定的な感想で申し訳ありませんが、私が過去、実際の仕事を通して実感してきたところです。

 

A.長期的な話です。

 

短期的にはうまく行かないことはあります

 

世の中、自分でコントロール出来ることと出来ないことがあります。

自分以外のことはコントロール出来ないと思っても、大きく間違いではありません。

 

ですから、

===

しかしビジネスの現実問題としては、これに時間・予算・稼働 等の縛りが科せられます。

いくら諦めずに努力を継続しても、所要期間内に達成できなければ成功とは言えません。

===

これは、おっしゃる通りです。

 

学校でも、試験勉強をして、結果が目も当てられない状態だった…なんていう場合もあります。

 

しかし、私が申し上げているのは、その様な短期間の話ではありません。

 

長期的には諦めずに続ければ良い

 

最初のうちは、要領がつかめず、優先順位もメチャメチャで、どうしたらいいのかわからない…

なんていうこともあるかもしれませんが、その様なことを繰り返すことで経験値が増え要領もつかめるようになり、精度が高まってきます。

 

そうすると、望む結果に至らない事態よりも、望む結果に繋がる確率が高くなります。

 

そうすると、

===

途中はいろいろあったけれど、最終的にはこんなことができるようになった

===

と考えられるようになるのではないでしょうか。

 

私も獣医師国家試験に合格してから20年です。

最初の頃は出来なかった事が今では当たり前のようにできる様になり無意識に出来ることも増えて来ました。

でも、もっともっとできることを増やしたいから今でも日々学んでいます。

 

ゴール設定は人それぞれだと思いますが、診療や取引を一つだけ見れば、望む結果を得られることも、得られないこともあります。

 

しかしここでは、そういった経験の積み重ねで到達する将来像についての話しだとご理解いただけたらと思います。

 

今の僕の状態を見て、人によっては、「成功しているんじゃない?」とおっしゃる方もいます。

しかし、僕は、目標設定値が高いので、まだまだ先に行こうと努力中です。

 

これからも、そんな感じで頑張っていきたいので、共に、目標に向かって、頑張りましょう!

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る