将来の目標と今欲しい結果の整合性がとれない…

Text by Yasuhiko Susaki

2017.02.07

 

Q.将来(5年ぐらい先かな)自分がなっていたい状態(仕事のことですが)と今直前の欲していることが少しずれています。

 

直前のことにベストを尽くす覚悟ですが、将来に向かっての過程に直前のことをどう関係つけるか、悩んでます。

 

直前のことにベストをつくし、進むうちに将来の目標、目的を達成できる、できている状態をイメージできるようになりたいです。

 

A.別物として考えてはいかがでしょうか?

 

まず、

===

将来(5年ぐらい先かな)自分がなっていたい状態(仕事のことですが)と今直前の欲していることが少しずれています。

===

とおっしゃっていますが、質問者様がお気づきでないだけで、現時点で欲している結果が、実は後で「なるほど、こんな関係があったのか!」と気付くことがあります。

 

ですから、関連性を見いだせなくても、必要があって目の前にあるわけですから、それが将来にどう関係するか…等と考えずに、今の通り熱心に取り組まれてはいかがでしょうか?

 

全てのことに意味はありますが、現時点では意味がわからないこともあるのが普通ですし、全てわからないと先に進めないとなると、何も出来ないので、「そのうちわかるだろう」ぐらいの気持ちで取り組まれることをオススメします。

 

■ 関係ないかもしれない

 

実は、将来目標とする所とは全く関係ない可能性もあります。

 

こんなこともあるので、関係ないさと、ドンドン進めていくのが一番だと思います。

今の努力を続けていくと、当初とは異なるゴールが見えてくるかもしれませんし、世の中何が起こるかわからない方が楽しいのではないでしょうか?

 

■ 仮に決めた将来像が違うかもしれない

 

もう一つの可能性として、仮に決めた将来の目標が、実は「違う」かもしれません。

そのため、軌道修正としての「目の前の出来事」かもしれません。

 

ですから、目標設定はするものの、自然な流れに身を任せることで「自分にとってベストな結果」に繋がる可能性が高くなってきます。

 

ぜひ、複数の可能性を追い、もっとも「進みやすい方向」に進む選択もありだということを自分に言い聞かせて置いてください。

 

これからも、充実した日々をお過ごしくださいね。

応援しております。頑張ってください♪

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る