人間関係が気になって集中できません…

Text by Yasuhiko Susaki

2017.02.09

 

Q.人間関係がうまく行かず、それが気になって仕事や資格試験の勉強に集中できません。

 

今の会社は辞めるつもりなので、会社の同僚と今から仲良くならなくてもいいのですが、振り返ると、学生時代も人間関係が良好だったとは言えず、また、次も同じだったら…と不安です。

 

主にどんなことに気をつけると人間関係は良好になるのでしょうか?

 

A.合わせる焦点を変えましょう!

 

■ 人間関係の原理原則の一つは…

 

人間関係において、

===

2:2:6

===

というものがあります。

 

これは、世の中の人の割合は

私を大好きでいてくれる人2割

私を大嫌いな人2割

私のことはどうでもいい人6割

なのだそうです。

 

とすると、どうせ私のことを大嫌いな人が世の中に2割はいるわけで、そこに好かれる努力をするよりも、私の存在を知ったら大好きになってくれる2割の人に

嫌われない努力

もっと好かれる努力

をしたらいいのです。

 

ただし、確率的には、私が死のうが生きていようが知ったこっちゃない人が6割もいるわけですから、この人達と出逢う確率が高いわけです。

 

そこで、この人達と、どうでもいいような話で嫌われない練習をすることをオススメします。

 

人間関係で悩んでいる方は、

●親友との深い絆を作ること

よりも、

●沢山の薄い関係を築くこと

が大切です。

 

そして、好かれる努力よりも嫌われない努力をすることが大事かもしれません。

 

そのために大事なのが、雑談の技術を磨く事です。

どんな話でも、なんとなく対応できるスキルがあると話し掛けやすい雰囲気が出てきます。

 

逆に、人間関係で悩む方は防御の気持ちが強いので、話し掛けにくいし、そのままだと威圧感があることが多いものです。

 

これを、「須崎から攻められた!」と受け取るのでは無く、「おっ!次の課題が見つかった!」「自分の伸びしろが見つかった!」と解釈していただけるとありがたいです。

 

それと、もう一つあるのですが、これはまた次回…

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る