人間関係が気になって集中できません…その2

Text by Yasuhiko Susaki

2017.02.09

 

Q.人間関係がうまく行かず、それが気になって仕事や資格試験の勉強に集中できません。

 

今の会社は辞めるつもりなので、会社の同僚と今から仲良くならなくてもいいのですが、振り返ると、学生時代も人間関係が良好だったとは言えず、また、次も同じだったら…と不安です。

 

主にどんなことに気をつけると人間関係は良好になるのでしょうか?

 

A.合わせる焦点を変えましょう!

 

今日は、前回の続きです。

 

■ 人間関係の原理原則のもう一つは…

 

人間関係の原理原則のもう一つに、投げかけたものが返ってくるというものがあります。

こちらが仏頂面なら相手も笑顔にはなりにくいし、こちらが小声なら相手も小声だし、こちらがネガティブなら相手もネガティブになる…そういうものです。

 

ですから、人間関係がうまく行かないといった場合、まずはこちらの接し方を変えることが大事です。

そうすると、向こうの対応も変わってくるものです。

 

という話をすると、「全部こっちが悪いみたいじゃないですか!」と思う方がときどきいらっしゃいます。

そうではなく!

過去と他人は変えられないので、変えられる今と自分を変えよう!ということです。

 

あたりまえのことですが、コントロール出来ないことをコントロールしようとするから具合悪くなるのです。

 

冷静に「何ならコントロール出来るのか?」と考え、相手がいぶかしげな態度でいられないような対応をこちらがしておけばいいのです。

 

その場のコントロール権を握ってしまいましょう!

そうすれば、人間関係で少なくとも大きな波風が立つことは無いはずです。

 

いかがでしょうか?

 

このたびは、ご質問をいただき、本当にありがとうございました。

お互いにこれからも切磋琢磨して、共に成長していきましょう!

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る