【名言】『失敗』や『逆境』に遭遇したとき

Text by Yasuhiko Susaki

2017.03.10

 

自分は失敗ばかり…

何で自分ばっかりこんな目に…

 

こんな風に感じたとき、思い出していただきたい名言です。

 

すべての逆境、失敗、悲嘆には、必ずそれ相応、もしくはそれ以上に大きな恩恵の種が含まれている。

ー ナポレオン・ヒル ー

 

 

Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit.

ー Napoleon Hill ー

 

 

人は、『失敗』や『逆境』に遭遇した時、とてつもない絶望感に打ち拉がれることがあると思います。

 

わたしを含め、人は絶望を感じたとき自分の状況を悲観しがちです。

 

しかし、逆境にあったからこそ、できる「考え方」があるのです。

 

そこで得た知識、経験が自身を高めてくれるのです。

 

起こったことに対してプラスに考える、マイナスに考えるも「ものは考え様」です。

 

これから先、大きな失敗をした‥とんでもな逆境に遭遇した‥というとき、これを乗り越えた先に、まだ見た事のない“大きな利益の種子”すなわち「幸運」が待っていると考えるのはいかがでしょうか?

 

この様に、自身の状況を把握し、よく考えて物事に取り組むと、集中力が高まります。

自己肯定感を高める名言は、心のモヤモヤを消すことで集中力を高め、望む結果につながる非常に有益なツールです。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る