【名言】視点の違いを受け入れる

Text by Yasuhiko Susaki

2017.03.10

 

「あの人の言うことは解るんだけど、あの人が言うから従いたくない…」

 

そんな風に感じてしまった時に思い出していただきたい名言です。

 

すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば、必ずうまくいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ。

 

ー 松下幸之助 ー

 

松下電器の創設者である松下幸之助氏は、常に腰が低く礼儀正しいことで有名です。

 

ひょっとしたら私だけかもしれませんが、日々、がんばっているとついつい「自分のスタイルと違う意見・行動」が気になることってありませんか?

 

まるで自分を全否定されたように感じることも…。

 

でも、一つのものごとには、多面的な要素があり、私が見えていない角度から同じものごとをとらえている方もいらっしゃいます。

 

先輩だったり、若くても結果を出している方はとくにそうなのかもしれません。

 

だとしたら、いちいち目くじらを立てるよりも、「その視点があったか!」「それは考えていなかった!」と受け入れた方が、こちらの意見と、その方の意見を合わせてもっと良いものが出来るのでは無いでしょうか?

 

「みんなが私の先生!」

 

そんな気持ちのゆとりと敬う心を持ち合わせていきたいなと、この名言で感じました。

 

あなたは、どんな風に感じましたか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る