【名言】辛いことがあると解決策を考えるより愚痴ってしまう…

Text & Photo by Yasuhiko Susaki

2017.03.19

 

「どうして私ばっかり…」と愚痴ってスッキリしたハズが、そうでもない…

 

そんな風に感じたとき見ていただきたい名言です。

 

不幸なる人々は、さらに不幸な人々によって慰められる。

 

ー イソップ ー

 

辛いことや悲しいことが起こったとき、人に話すことで楽になることもありますよね。

 

でもこれは、単なるグチを聞いてくれる人に話すのと、課題の解決法として自分よりデキル人に話すのとでは、まるで異なります。

 

愚痴ると、周りを巻き込みます。

 

解決思考で「今回、こんなことになったけど、次回はこういう点に気をつけたら、こんな風になるハズ!」となれば、周りを良い感じに巻き込むでしょう。

 

「不幸」なモードになると、無意識に「自分より不幸な人」を探しがちですが、ここは習慣を変えて、普段から「会いたい人」のリストの方々とお話しするのも良いでしょうね。

 

慰めてもらうことで、心が穏やかになり気持ちが和らぎ、落ち着きますが、問題解決には、厳しい基準の人が必要となってくると思います。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る