【名言】相手を説得させるにはどうしたらいい?

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.03.25

 

やって欲しいことをやってくれない。

伝え方が悪いのかな‥

 

そんな風に思ったときに、思い出していただきたい名言です。

 

説得をしたいなら、論理を用いるのではなく、利益について話せ。

 

ー ベンジャミン・フランクリン ー

 

明らかに筋の通ったことを説得されて頭では納得していても、だからといって人はそう簡単には動かないものです。

 

人が動く動機というものは“何かを得る”ためだと思います。

 

それは、報酬であったり、なにか動く「理由」が明確になったときに人は自ら動こうとするのです。

 

関係上やれと言われて「はい、そうですか」とやる人はいたとしても、そこに自分にとって明確な理由があるのとないのではやる気も随分変わってきます。

 

要は、相手にどう伝えればその人のモチベーションが上がるのか、そして人に何かお願いするときには頼む相手の立場に立ちつつ話を進めていきたいものですよね。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る