【名言】他人の言葉に一喜一憂してしまう…

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.03.26

 

周りの状況や言動に振り回されて一喜一憂してしまう‥。

 

そんな風に思ったときに、思い出していただきたい名言です。

 

自分を褒める言葉を聞いては喜び、自分を非難する言葉を聞いては腹を立てる。

これは、大きい度量に欠けているからである。

 

ー 呂新吾・呻吟語より ー

 

私って器が小さいかもってこの名言を読んで改めて思いました‥。

なぜなら、当てはまっているからです 笑

 

相手の言行を広くおおらかな心で受入れることができれば、そうそう腹を立てることはないはずです。

 

しかし、どうすればいいのか?

 

まず、褒めの言葉は有難くいただくとして♪

 

“自分を避難する言葉”これは、おもしろくないですよね。

 

ですが、相手は私の為に言いづらいことをわざと言ってくれてるんだな、などと仮に、なかなかそうは思えないとしても強引に思考をコントロールしてみるのです。

 

そうすることで、「ありがとう」と感謝の念に変わることもあるみたいです^^

 

否定的な意識や感情は決して良い結果をもたらしませんので、肯定的に捉える思考のトレーニングを意識してみるのはいかがでしょうか^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る