【名言】不運を理由にやる気が起こらない

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.03.27

 

あの人は幸せそうだなぁ。

だからこそがんばれるんだろうな…それに引き替え自分は…

 

そんな風に思ったときに、思い出していただきたい名言です。

 

人は幸運の時は偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運の時である。

ー シラー ー

 

 

When being lucky, maybe a person looks great, but it’s when it’s unfortunate, to improve truly.

ー Friedrich Schiller ー

 

 

こちらの名言、不運だな、と思うときに頑張るからこそ幸運を手にすることができるのかもしれないですね。

 

不運なときにこそ底力が湧いてくる、不運だって思うときに、落ちるだけ落ちたとしてもきっと、やがてくる幸運に備えて準備をすることがとても大事だと思います。

 

不運のあとに待っているのは幸運だけです^^

 

こう考えていると、いざその時になったとしてもがんばれるのではないかと思います!

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る