【名言】ネガティブ思考の自分がイヤ

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.04.15

 

理想にはほど遠いところにいる。

どうして私って昔からこうなんだろう‥

 

そんな風に感じたとき、見ていただきたい名言です。

 

悲観的になるのは、自分のことばかり考えているから。

 

ー 斎藤茂太 ー

 

・自分の置かれた状況の良い、悪いなどを白か黒で判断したり、極端な考え方をする

・○○でないといけない、などと独自のこだわりや、強い観念を持っている

 

など、自分目線のフィルターでしか判断や認識が出来ないでいると、意に沿わない結果になると落ち込んだり、ネガティブな思考になるみたいです。

 

また、自分の良くないところや、至らないところばかりに目を向けていると、こちらも当然ながら否定的で、ネガティブな思考になってしまいます。

 

この両者に共通しているのは「自分のことばかり」というところです。

 

自分のことばかり考えるのは決して性格ではなく、「考え方の癖」なんだそうです。

 

脳は、慣れ親しんだ考え方を「自分の思考」として処理をするので、ネガティブ・否定的であることは現時点での「クセ」または「習慣」になっているだけで、ポジティブに考えることを繰り返し意識していると、それが新しい「クセ」になるそうです。

 

毎日を楽しく生活するためにも、「良いクセ」を身につけること意識して行動したいと思いました。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る