【名言】運が悪い…と感じているあなたへ

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.04.19

 

どうして自分ばかりこんな目にあうのだろう

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

貴方に配られたトランプのカードは不利ではない。貴方の考えや感情が不利にも有利にも作用するのだ。

 

ー ジョセフ・マーフィー ー

 

嫌なことが続くと、「何も悪いことしてないのに、どうしてこんな目にあっているのだろう・・」「私が一体何をしたんだ?!」などと思いたくなることはありませんか?

 

●なかなかチャンスが巡ってこない

●何かとタイミングが悪い

●良い出会いがない

 

など「私は運が良くない‥」と感じたことはありませんか?

 

きっと誰しも多少なりとも感じたことはあるのではないかと思います。

 

しかし、運の善し悪しは、主観的なものです。

 

松下幸之助さんの有名な面接エピソードで「君はこれまで運のいい方でしたか?それとも悪い方でしたか?」の質問に「とても運が良かったです」と答えた人は合格「運がいい方ではない」と答えた人は不合格としたそうです。

 

その理由は、『「運が良かった」と言う人は周りの人たちに助けられてきたという“感謝の気持ち”のある人で、たとえ逆境に陥っても運のせいにせず前向きに取り組める人物だ』と判断したからだそうです。

 

周りがどう評価するかは別として「私は運がいい」と言える人は何でも前向きに捉えることが出来る人です。

 

起こる出来事は、自分の解釈ので良いものにも、悪いものにもなるのですね。

 

望まないことに遭遇したときには「またこんなことが起きた‥ツイてない」と思ったとしても、そのあとに「これは成長の機会だ!」「でもきっと大丈夫」などと前向きな言葉を付け足してみてください。

 

これを繰り返すことで習慣となり、いい結果をもたらすはずです。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る