【名言】今、自分に出来ること

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.04.28

 

なんでこんなことしてるの?

 

そんな風に感じたとき、見ていただきたい名言です。

 

ひとりひとりが重要であり、それぞれに役割があり、だれしもに現実を変える力がある。

 

ー ジェーン・グドール ー

 

私はこの名言を読んで思い出したのは、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)です。

 

織田信長の草履取りの頃、草履を懐で暖めた話は有名な話で、そこから、藤吉郎は信長にひきたてられて出世をし、最後には天下人へと上り詰めます。

 

草履取りという、いってしまえば雑用とも取れる仕事に最善を尽くし、どうすれば自分の仕事を喜んで貰えるのかを考えて行動した上で生まれた結果です。

 

仕事や家庭内においても言えることですが、「これどうして私がやらないといけないの?」「私じゃなくてもいいのではないか?」などと思いながらやっていることはありませんか?

 

嫌々することは、やる気が起こらないだけでなく、ミスを生んだり、周りの人の気分を害するだけではなく自分の評価も下げることに成り兼ねません。

 

何事においても、やりたくはないけどやらざる得ないものもあると思います。

 

それでも腐らずに、真摯に取り組んでいけば

●どうすることがベストかを考えながら実行する人

●ただ無難にこなす人

とでは大きな差が出てきます。

 

そして、織田信長のようにそのことを認めてくれる人が必ずいるのだと思います。

 

私たちがやるべきことは目の前にある「今できること」です。

 

できないことを考えて苦しんだりしていませんか?

できないことを考えても、気持ちが落ち込んでしまうだけです。

 

できることを確実にやっていくことで自分の役割が明確になり、やがて自信もついてくるのだと思います。

 

今、あなた様ができることは何でしょうか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る