【名言】恐怖心が芽生えたときどう行動すればいい?

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.05.19

 

考えれば考えるほど何もできくなる…

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

われわれは苦しむ以上に恐れるのである。

 

ー アラン(哲学者) ー

 

自分を含め、人は変化を恐れる特性があるのですが、あれこれと考えるよりも実際に行動に移してみると、想像していたようなことは殆どないことが多く、取り越し苦労だっということも少なくないのではないでしょうか。

 

これまでの経験上、心配のし過ぎが行動の障害になっていることが多かったと思います。

 

また、生まれつき、マイナスな考えにとらわれたり、ネガティブな経験に焦点を当てる習性があるヒトもいらっしゃるそうです。

 

そのような方は、必要以上に恐れるものということを理解していると、一歩を踏み出しやすくなるのではないかと思います。

 

では、どの様に行動したらいいのでしょうか?

 

実は、恐怖心を弱らせる方法は、「知ること」です。

 

お化け屋敷も、どこで何がやってくるかわかったら、怖くないですよね。

それと同じことです。

 

もし、不安があったら、それについてとことん調べ尽くしてみてください。

 

調べ尽くすとわかると思いますが、怖くなくなっているはずです。

 

===

不安なことは調べ尽くす!

===

 

覚えておいてくださいね。

 

復習ですが、恐怖心が芽生えたときどのように考えて行動すると乗り越えることができるでしょうか。

 

それをいざ、直面したときに考えるのではなく、普段から意識して備えておくことが大事だと思います。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る