【名言】失ってから後悔してしまう

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.05.26

 

どうしてもっとはじめから大切にできなかったのだろう。

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

健康の感じは、病気によってのみ得られる。

 

ー リヒテンベル(物理学者) ー

 

失って気付くこと、失った後で後悔することってあると思います。

 

できれば、失う前に気付きたいものですが、悲しいかな、なかなかそうもいかないものです。

 

これは「あって当たり前」と思う気持ちが原因だと思います。

 

空気中の酸素のように、普段「あって当たり前だ」と感じていることは、その存在の有り難さを感じることは日常生活ではあまりないと思います。

 

このことは、物質的なことばかりではなく、自分がおかれている環境でも同じことがいえます。

 

「いつか」「そのうち」などという「今」を軽視した考えや行いが積み重なった結果、取り返しのつかない結果を生むことがあります。

 

これは、何に対しても同じように言えることですが、今できることは今するべきですよね。

 

もし、そのうちやろう、と面倒だから後回しにしよう、などと思っていることがあるならば、できる機会があるうちにすることです。

 

後悔を経験することによって得られることもありますが、できれば今あるものに感謝をして大切にしながら生きていけるといいなと思いました。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る