【名言】理想の自分像になれない

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.05.26

 

私はこんなもんじゃない!

 

こんな風に思ったときに見ていただきたい名言です。

 

人はいつでも、そのときなりのベストになれる。

 

ー ウェイン・ダイアー(ジャーナリスト) ー

 

本当はこうなりたい、こうしたいなどという理想の自分像があるのに、実現できていない、またはほど遠いところにあるときに自分を否定したり、自己嫌悪に陥って、自分自身を責めてしまうことがあります。

 

でもこれって、今の自分を受け入れることができずに、自分を過大評価してしまっている気がします。

 

自己評価が高いから、今の自分に満足が出来なかったり、自信が持てなかったりするのだと思います。

 

ここから抜け出すためには、何か上手くいかないときや、思い通りにならかったときに、「今の自分にはこれが精一杯のベストなのだ!」と認めることが大切です。

 

もちろん、そう思うためには今できることを精一杯やることが大前提です。

 

そうすれば、今の自分にはこれが限界なんだと受け入れることができるのだと思います。

 

そしてこのような経験を重ねていくうちに、できることが少しづつ増えて、理想の自分に近づけていけるのです。

 

「今の自分はこんなもん」と認識して、それを受け入れることは決してネガティブなことではなく、「次の課題はここだ!」と認識し、自己成長するために必要なステップです。

 

目の前のことをやり切って、自分を誉めながら成長していきたいと思います。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る