【名言】感情的になって八つ当たりをしてしまう…

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.05.29

 

またやってしまった…

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

感情のコントロールができる人が、人間関係の勝利者です。

 

ー ジョセフ・マーフィー ー

 

ついつい感情的になって人に辛く当たったり、嫌味を言うなどして後で後悔することはありませんか?

 

私は「瞬間湯沸かし器」とか、「沸点が低すぎる」などと言われたくらい感情的になることが多々ありました。

今でもきっとその名残はあると思うののですが‥。

 

以前は事ある毎にイライラしたり、自分の思いをぶつけなければ気が収まらなかったのですが、ある時から感情を発散すると、余計に疲れるということに気が付きました(笑)

 

感情に振り回されること自体、エネルギーもかなり消費します。

 

自分の周りの感情的にならない人と感情的になってしまう自分とでは何が違うのだろうと考えてみました。

 

感情を表に出さず、コントロールができている人は自分の感情を押さえ込まないのだそうです。

 

イライラしたときには思考のスイッチを切って、感情を言葉にはせず、あるがままに受け入れるのだそうです。

 

感情が長引いてしまうのは、「イライラしてはいけない」と感情を押さえ込んでしまうからなのだそうです。

 

感情的になって話せば話すほど、自分の届けたい思いは相手には伝わらないことを経験されている方も多いのではないでしょうか。

 

自分があとから後悔しないため、また人間関係においても感情を抑えることができずに、これから損な人生を歩まないようにコントロールできる術を身につけたいですよね。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る