【名言】過去の後悔…未来の不安…

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.05.29

 

あのときしておけばこんなことにならなかったのに‥

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の枠の中で生きよ。

 

ー デール・カーネギー ー

 

何かに打ち込んでいるとき、または精神的に余裕がないときは目の前しか見えず、過去も未来も気にならないかもしれません。

 

前者の場合だと、目標、やるべきことが明確な状態で、前向きな行動の結果であり良いのですが、後者の場合は余裕がない結果、正しい判断が出来ずにいたり、変わることのない過去の結果に焦点を当てていたり、まだどうなるか分からない未来のことを考えて不安になっている状態かもしれません。

 

確かに、過去の失敗などは気になるものです。

 

そして、失敗から恐怖心が芽生えたり、その経験から新しい一歩を踏み出せなくなることもあるかもしれません。

 

しかし、そうしていても何も変わらないことは分かっているから人は考えたり、悩むのですよね。

 

悩むことは、決して弱いからではありません。

それは、「変わりたい」という前向きな気持ちの現れです。

 

しかし、その気持ちがあっても、なかなか行動に移して、更に継続することは容易なことではないこともあります。

 

そんなときに、思い出していただきたいのが本日の言葉です。

 

===

過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の枠の中で生きよ。

===

 

これまでの自分を創ったのも、これからの自分を創るのも「今の自分」です。

 

ときには自分に渇を入れて、なりたい自分になるために共に邁進してまいりましょう!

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る