【名言】解らない事があると、すぐ人に聞いてしまう

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.05.31

 

人に聞いた方が早いよね!

 

そんな方に見ていただきたい名言です。

 

いかなる問題にあっても、具体的ということは最後の、最良の結論だ。

 

ー 石川啄木 ー

 

問題に直面したときに、「●●で困っているのです。私はどうすればいいのでしょうか?」と分かりそうな方に質問すると、「○○してみてはいかがですか?」と返ってくるのが普通です。

 

そして、それから自分で試行錯誤し、自分なりに行動してみると良いのですが、以前の私は、多少は自分で考えて見るのものの、どうすればいいのか分からなくなったとき、「具体的に、どのようにすればいいのでしょうか?」と、まだ何も考えたり、アクションを起こす前の状態で、その答えを尋ねる傾向がありました。

 

その時は、それが「正しい」と思っていました。

 

しかし、目標設定の勉強をしたとき、現状の何が問題で最終的にどうなっていたくて‥と目標設定の手順を踏んでいくと、「具体的に何をするか」は、どんなゴールにいつまでにたどり着きたいのか?が決まっていないと決まらないことを学びました。

 

確かに、何か成し遂げたいと思うとき、具体性が無ければ、実現化は難しいものです。

 

しかし、あまり考えていなかったり、何かしら行動に移す前の状況で「具体的にどうすればいいのか」を質問をしても仕方ないのです。

 

なぜなら、その質問は自らが考えたり、困難を克服するための必要な行為を奪ってしまうことになりかねないからです。

 

欲しい結果は、自分で考えて様々な試行錯誤を繰り返していくうちに、より明確になっていき、具体性を増してくるのです。

 

ですから、私はまず、すぐ人に聞くのを止めて、試行錯誤してみた結果、答えが見つけられないときに「どのようにすれば良いのか」を尋ねるようにしています。

 

あなた様はいかがでしょうか?

何か考える前、始める前から「具体的にどうすればいいのか?」と尋ねていませんか?

 

もしよく人に「具体的にどうしたらいいのですか?」と聞いているかも‥と心当たりのある方は、まず自分で考えてみて、実践して、何らかの結果が出るのを心掛けてみてください。

 

経験値が増えると、疑問に思うことがずいぶん減ってくるものです。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る