【名言】誰かに悪口をいわれてるんじゃないかと不安になる

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.06.01

 

きっと影で悪口を言われている…

 

そんな風に感じたとき見ていただきたい名言です。

 

あなたがたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。

ー シェイクスピア ー

 

 

Even if you’ll be conscientious like ice and innocent like snow, a bad mouth in a world wouldn’t be saved.

ー William Shakespeare ー

 

悪口を言う人ってどこにでもいます。

 

それをいちいち気にしていたら自分が精神的にまいってしまいますよね。

 

「こんな人も人もいる」「言いたい人には言わせておけばいい」くらいのメンタルがあればいのですが、相手や状況によってはそう思えないことがあります。

 

そんなときに何とも言えない悔しい気持ちや、悲しい気持ちをどうおさめたらいいのか分からなくなることもあります。

 

でもそこで、人が変わることを期待するともっと辛いことがあります。

 

そもそも、悪口を言われて傷つくのは相手の言っていることを受け入れているからです。

 

世の中にはたくさんの考えを持っている人がいて、それはそれぞれの主観でしかありません。

 

主観ですから、何を言われても全てを受け入れる必要はないと思います。

 

人から言われて嫌だと感じることは人それぞれだし、自分は良くても相手にとっては嫌なことかもしれません。

 

自分は悪口を言っていなくても、人はそれを悪口と受け取って居るかもしれません。

 

ですから、もしこれから自分が悪口を言われているのかもしれない‥と落ち込みそうになったときには本日の言葉を思い出していただきたいと思います。

 

===

あなたがたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。

===

 

例え悪口を言われても、自分は人の悪口を言わないように心掛けたいものですね。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る