【名言】自分だけが辛いと感じてしまったとき

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.06.01

 

どうして自分ばかりがこんな目に遭うんだろう…

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

雨は一人だけに降り注ぐわけではない。

 

ー ロングフェロー ー

 

何もしていないのに嫌な事が続いたり、何をやってもうまくいかない…そのようなときには「なぜ自分ばかりが…」などと考えてしまいがちです。

 

こういうときって、自分が今してることと、それに対しての結果のバランスがとれていない時のことが多いですよね。

 

望む結果や評価が得られていないため納得いかないし、自分だけが損をしているように感じるし、その考えにはまってしまうとどんどん不満が溜まってしまいます。

 

こんな時には、やる気やモチベーションもなかなか上がりません。

では、このような辛い気持ちを解放し自分を楽にするためにはどうすればいいのでしょうか?

 

それは、私の場合ですと原因は「不適切な思い込み」から生じていたように感じます。

 

自分ばかり…というような感情の時には思考や視野が狭くなっていて目の前のことしか見えていない状態になっています。

 

そんなときにいろいろ考えていても、何かが好転することはほとんどなかったです。

ですから、そういうときには思い切って全てを一旦停止することにしています。

 

考える事も、動く事もやめてしまって、自分の現状を客観的に見てみます。

そうすることで、はじめて現状を把握することができる様になりました。

 

そして、その上で冷静に周りをみてみると「同じ様な状況になっているのは私だけじゃなかった」なんて気付くことは今まで結構ありました。

 

この様に考える余裕を持つと気持ちも落ち着いて、楽になります。

 

「自分だけ…」「自分ばかり…」と感じるときには、私だけではないし、

===

雨は一人だけに降り注ぐわけではない。

===

それに、止まない雨はないといいますよね^^

 

うまくいかない事が続くとき、辛い気持ちから解放したいとき思い出していただきたい言葉です。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る