残業したくないのに、残業が続いています。どうすれば?

Text by Yasuhiko Susaki

2017.07.20

 

残業したくないのに、残業が続いています。どうすれば?

 

私は普通の会社員です。

 

最近、残業の毎日がとても嫌です。

私の仕事は、ペアになって、2人で作業をしていきます。

 

残業の原因は、自分の作業が遅い事もあるのかもしれませんが、ペアの方が、身体の弱い方で、作業が遅く、その分の仕事を私が負担する事も大きな原因です。

 

正直、この仕組みは納得できませんが、私がはやく仕事をあげられるようになればいい話かな、と思っています。

 

なので、現在、限度が100のキャパを、101、102とあげて行きたいのですが、無理をして、ミスが発生しても困ります。

 

なので、頑張り方が分からず、困っています。

どうしたらいいのでしょうか。

 

アドバイスをお願いいたします。

 

20代 女性 会社員 神奈川県 大竹 美緒子さま

 

 

【須崎からのアドバイス】

 

大竹さん、ご質問をありがとうございます。

そして、毎朝「1分間集中力メルマガ」をお読みくださり、重ねてありがとうございます!

 

さて、いただいたご質問ですが、僕なら

●作業効率を上げる

●無駄な時間を減らす

●優先順位の高いものから取りかかる

●明日でいいものは明日

●就寝前に翌日のスケジュールを立てる

●午前中に勝負をかける

で乗り切ります。

 

 

◆コントロール出来るものをコントロールする

 

滝のところで「流れ落ちる水よ!天に昇れっ!」と杖を振り上げても、水は下に落ちます(笑)。

 

この様に、世の中にはコントロール出来ることと出来ないことがあります。

 

人は、コントロール出来ないことをコントロールしようとすると、強いストレスを感じるものです。

 

私だったら、

●ペアの変更を届け出る

●変更してもらえなければ、自分が主体となってなんとかする

と行動すると思います。

 

以下は、変更してもらえてももらえなくても、重要なことです。

 

 

◆作業効率を上げる

 

パートナーが誰であれ、作業効率を上げることを最優先で考えたいですね。

 

業務スピードを高めることも大事ですが、

●適材適所

で、得意なこと、苦手なことを考慮して作業を振り分けることも、チームワークとして必要だと思います。

 

そのために、

1.作業工程を細かく書き出す

2.それぞれの得意・不得意、好き・嫌いで、作業を振り分ける

という計画を立てることはとても大事だと思います。

 

その上で、次の様なことを改善してみたいですね。

 

 

◆無駄な時間を減らす(作業効率を上げるために)

 

気分転換のための休憩はいいのですが、業務中にボーッとしていたり、「今しなければならないこと」をさておいて「今する必要のないこと」をしていたり、ということって、意識したり探すと、いろいろあるものです。

 

そこで、

===

今日やったことリスト

===

を毎日一週間ぐらい書いて、その中で

 

===

この日、この時間帯にやる必要のなかったこと

===

をマーカーペンなどで印を付けてみて下さい。

 

「そんな無駄な…」と思われるかもしれませんが、これは、やった本人だけが「時間泥棒がわかって、やってよかった」と思えることです。

 

騙されていないと思って、やってみて下さい。

 

 

◆優先順位の高いものから取りかかる(作業効率を上げるために)

 

無駄か無駄じゃないかは、業務内容によって変わります。

 

ですから、先ほどの「今日やったことリスト」に

===

自分の業務・行動において、優先順位の高いこと、高くないこと

===

のランクを付けてみることをおすすめします。

 

「ゴール達成のために重要なこと」を最優先で取りかかって処理しておくと、例え朝の時点で「今日やること」とリストアップしたことが全部できずに残ったとしても、充実感をもって、一日を終わる事ができると思います。

 

===

今日やることをリストアップして、優先順位を付け、優先順位の高いものから処理していく

===

ぜひ、やってみて下さい。

 

 

◆明日でいいものは明日(しないことを決める)

 

人間の処理能力には限界があります。

 

・明らかに量が多い

・今日は体調が今ひとつだった

・今日は気乗りしなかった(上司にはいえないけれど)

 

などの理由から、やりきれないこともあるでしょう。

 

「今日やること」を決めたのでしたら、「今日やらないこと」を決めてもいいでしょう。

 

こうやって、「今日やるべき事」を絞っていけば、「全部はできなかったけれど、満足いく一日だった!」と一日を終えることができると思います。

 

そのためにも、ぜひ、「明日でもいいこと」も決めておいてみてください。

 

 

◆就寝前に翌日のスケジュールを立てる(作業効率を上げるために)

 

昔遠足に行くとき、前日に準備をするのがとても楽しかった記憶があります。

 

それと同じように、「明日やること」を前日の夜に計画を立てて、準備をしておくことは、とても重要です。

 

明日やるべき事をリストアップし、一日の時間割を決めておくと、とても楽しくなってきます。

 

もちろん、計画通りにいかないこともあるかもしれません。

 

それを、無視せず、建設的に再発防止策を講じれば、だんだん一発で「無理の無い計画」を立てられる様になります。

 

焦って当日「出社してから計画を立てる」より、ゆとりのある「前の晩に計画を立てる」方が、より効果的です。

 

ぜひ、習慣にしてみてください!

 

 

◆午前中に勝負をかける_作業効率を上げるために

 

「終わりよければ全て」良しという言葉がございますが、仕事は勢いも大事です。

 

●朝から勢いよく仕事をする

●始業時間より早く出社して準備をしておく

ことは、さい先よいスタートを切るに当たり有益です。

 

ぜひ、参考にしていただき、一日の成果を、気張らず、時間延長(残業)もせずに、取り組まれてください。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る