【名言】頑張ってやってきたつもりだけど、結果が伴わない…

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.06.21

 

これまでいろんなことを頑張ってやってきたつもりだけど、結果が伴わない…

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

経験とは、求めていたものが手に入らなかった時に手に入るもの。

 

ー ランディ・パウシュ ー

 

 

この言葉は、「最後の授業」でおなじみ、米カーネギー・メロン大学ランディ・パウシュ教授の言葉です。

 

ランディ教授は、膵臓がんと診断され医師から余命3〜6ヶ月と宣告されました。

 

その後彼は、「もし死ぬことが分かっていたら」という仮定の下で講義を行ったときに出てきたフレーズです。

 

頑張っても結果が付いてこないことがある。

 

でも、経験は得られる。

 

だから、失敗したらどうしよう…と尻込みして何もやらないのでは無く望む結果か、経験が得られるのだからやってみたらどうだろうか?という勇気をもらえる名言です。

 

迷ってやらない…のではなく、まずはやってみよう!という気持ちで、何にでも取り組みたいものですね。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る