他人に馬鹿にされて腹が立ったときに穏やかに対応できる心構え【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.07.09

 

何か、他人の言葉や評価が気になる…

 

そんな風に思ったときに思い出していただきたい名言です。

 

 

人は軽べつされたと感じたときに最もよく怒る。だから自信のあるものは、あまり怒らない。

 

ー 三木 清 ー

 

 

馬鹿にされると頭にくる!

当然だ!!馬鹿にする方が悪いから仕方ない!

 

でも、大人な対応が出来る人っていますよね…。

 

そんな方に「腹立たないんですか?」と伺うと、「えっ、そんな視点もあるんじゃないですか?」などと、こちらの小物ぶりが露呈する様な大人な言葉が返ってきます。

 

何でそんな言葉がとっさに出てくるんだろう…と不思議に思っていたんですが、「自信」の現れだったんですね!

 

自信が持てる状態だと精神的にも余裕があるので、前向きに考え、行動できます。

 

しかし、どうやって自信を持つのか?

 

こんな考えはいかがでしょうか?

 

「確かに実績も、妙案もないけれど、出来るまではあきらめたり止めたりしない!」と自分を信じるのです。

 

出来るまで止めなければ、必ず「デキ」ます。

 

「出来るまで止めないんだ!」と自分を信じていれば、外部から入ってくるネガティブなことに対しても気にならず、無駄に怒ってストレスを感じることもなく、人間関係にも良さそうですよね。

 

一緒に実践してみませんか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る