失敗して窮地に陥り、希望を失い、行き詰まった時の希望の光【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.07.17

 

ピンチに陥ってお先真っ暗…もう私なんて…

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

何もかもが失われた時にも未来だけはまだ残っている。

 

ー ボブ・ガダード ー

 

 

これまで個別相談を行ってきた方々や、セミナー等で関わらせていただいた方々とのやり取りで、最終的には学歴でも資格でもなく、「生き抜く力」が重要だなと感じます。

 

例え今持っている全てを失ったとしても、またやり直せばいいのです!

 

そして、どんな困難が起こったとしても、それを乗り切ったり、克服した先の未来には、きっと輝きや喜びが待っている。

 

そして、過去は変えることができなくても未来だけは自分で変え、自ら導くことができる。

 

読むだけで元気と勇気をもらえる名言です。

 

失敗が怖いのではなく、そこで立ち止まり、歩みをやめることが問題なのです。

 

ぜひ、人生設計も合わせて、この名言をご活用下さい。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る