失敗は怖いけど、やらなかった後悔は嫌だから行動したい方へ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.07.17

 

あの人はそんなところから這い上がることができたならきっと私にも…、でも失敗するのは嫌だしな…、でもやらなかった後悔もイヤだしな…

 

そんな風に思ったときに、思い出していただきたい名言です。

 

 

人の苦労なんて、いくら聞かされたって成長しない。

自分で苦労しろ。

 

ー 瀬戸雄三 ー

 

 

アサヒビール会長、瀬戸雄三さんの言葉です。

 

人の苦労話を聞いて感銘し「私もがんばれそうだ!」などと、勇気付けられることってありますよね。

 

そこから学習し、行動に移せば良いのですが、「すごいな〜」と感心して終わってしまって、結果的に行動もせず、結果も出ない…なんていうこともあります。

 

そんな、「やりたいけれど、できない…」「わかっているけれど、できない…」というジレンマに悩んだことがあるのは私だけでしょうか?

 

「なぜ、やりたいけれど、できないのだろう…?」「なぜ、わかっているけれど、できないのだろう…?」と自己分析してみたことがあるのですが、結局、

【失敗が怖い】

からそうなってしまうことが多かったのです。

 

行動しなければ失敗しない…

失敗しなければ自分は傷付かずに済む…

そんなふうに考えている自分がいました。

 

しかし、他人の苦労話を聞いて勇気づけられたり、名言を読んで励まされても、肝心な行動がなければ、結局、苦労話を聞いたり、名言を読んだ時間や労力は無駄になってしまうのです。

 

結果を出そう!

行動をしよう!

そのための理由を探して名言を集めたのに、

【失敗が怖い】

から肝心な行動ができなければ、全てが無駄になると気付いたのです。

 

また、周りで結果を出している方々は、行動する理由や、行動するきっかけなどなくても、

【欲しい結果に必要な行動】

をしているものです。

 

そして、私から見て失敗と感じる状況になったとしても、「この条件でこの行動をしたら、この結果になるのか…。だとしたら、この行動をしたら欲しい結果につながるだろうか?」と、軽いフットワークで、目標達成に向けて次々と条件に合った行動を

【これはどうだ?これはどうだ?】

と立ち止まることなく連続して攻めているものです。

 

私は、自分が行動するために「なぜそれをするのか?」という理由付けができれば、自分なりの行動規範に照らし合わせて「行動するきっかけ」を作ることができる。だから、名言を探して背中を押してもらおう!

そんなふうに考えていました。

 

でも、現実は、

【失敗はない、結果と成長があるのみ】

という成功者のシンプルな考えを取り入れた方が、欲しい結果につながり、次々前進できると理解出来ました。

 

京セラの稲森和夫さんもこんなことをおっしゃっています。

 

世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗はない。あきらめた時が失敗である。 by 稲盛和夫

 

人から刺激も受けるのもいいのですが、自分で試行錯誤しながら経験することこそが大切なんですよね。

 

と、結局、他人の言葉に影響されている私ですが(笑)、失敗を恐れて行動しない人生を過ごすより、

【失敗とは結果の解釈に過ぎない】

と考え、途中で諦めて立ち止まったりせず、望む結果が得られるまで努力を積み重ねた方が、人生は充実しそうですよね。

 

例え努力の結果が望む結果と異なったとしても、試行錯誤、創意工夫で、望む結果が得られるまでチャレンジする人生を歩みたいものです。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る