損得勘定で行動してしまっている自分が嫌だな…と感じた時の【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.07.20

 

気付けば損得勘定で動いてる自分がいる…

 

こんな風に感じたとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

自分の喜びを追求する行為が、他人の幸福への奉仕につながるものでありたい。

 

ー 本田宗一郎 ー

 

 

自分の為にしていることが、誰かの為にもなっているって、すごく理想的ですよね。

 

見返りを求めることなく人のために動くことは、なかなかできる事ではありません。

 

人は、見えない何かに向かって進むこと、それを継続するのは難しいと思います。

 

ですから、「これをすると自分にとってプラスであり、何より○○のためになるはずだ」などと誰かが喜ぶ姿を想像して取り組むと、ただ漠然となにかをするよりはずっとやる気も出て、前進しやすいのではないかと思います。

 

‘奉仕の気持ち’で、日々のことを取り組んでまいりましょう。

 

そう意識して行動すると、これまでとは違う何かを感じるはずです。

ぜひ、実行してみてくださいね^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る