音が気になって集中できない時は?

Text by Yasuhiko Susaki

2017.09.04

 

音が気になって集中できない時は?

 

仕事中、音がすごく気になって、仕事に集中出来ません。

 

周りのキーボードのたたく音や(小さければ、まだ大丈夫です)、社員の会話、電子機器の高い音、ペンをかちかちとする音、など、耳に入ってしまい、息苦しく感じて、集中出来ません。

 

どうしたら、気にならなくなりますか?

 

30代 男性 建設会社 神奈川県 谷本 真さん

 

 

【須崎からのアドバイス】

 

 

◆「聞けども聞こえず」状態にすればいい!

 

谷本さん、ご質問をありがとうございます。

 

そして、毎朝「1分間集中力メルマガ」をお読みくださり、重ねてありがとうございます!

 

さて、いただいたご質問ですが、「周りの音が気になって、仕事や勉強に集中できない…」というご相談は、少なくありません。

 

つまり、「音」という「雑念」に囚われてしまっている状態です。

 

しかし、「意識コントロール」が出来る様になると気にならなくなりますので、どうぞご安心ください。

 

まず、「知識は力」と申しますから、前提として知っておいた方がいいことをお話しさせていただきますね。

 

 

◆意識の原則を知ろう!

 

私たちは、気になることには意識が向いています。

 

そして、意識には原則がありまして、

===

認めたものが目に止まり、見つめたものが拡大する

===

というものです。

 

つまり、

===

意識を向ける先は自分で選べるし、選んでいる!

===

ということです。

 

 

◆今、あなたの意識はどこに向いているか?

 

ここで、谷本さんに質問ですが、谷本さんの意識は今、どこに向いているでしょうか?

 

きっと、この画面に向いていると思います。

 

しかし、視界には「この画面の奥の背景」も入っているでしょうし、呼吸もしていることを「言われてみればそうだ」と気付くと思います。

 

ですから、今の谷本さんの状態が、「意識を自分で選択して画面に向けている状態」なのです。

 

 

◆音が気になる状態とは?

 

ということは、「音が気になる」状態とは、「今意識を向ける必要のない『音』にわざわざ自分の意志で意識を向けている状態」なのです。

 

そこで思い出していただきたいのですが、意識の原則は

===

認めたものが目に止まり、見つめたものが拡大する

===

ですから、意識を向ける先は谷本さんが選べるんでしたよね?

 

ということは、気にならなくするためには、「今取り組むべきことに意識を向ける」と自分で決めることが最初に大事なことなのです。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

◆今取り組むべきことに意識を向ける方法

 

私は、次の様に自分に言い聞かせることをおすすめします。

 

===

私にとって、今すべき事は●●で、それ以外のことは、今すべき事ではありません。それ以外のことが気になったら、「これは●●を完了することにどんな関係があるか?」と自分自身に尋ね、関係なければ「それには意識を向けなくてよい!」と自分でコントロールすることが出来ます。

===

 

この様に自分に言い聞かせることで、例えまた音が気になったとしても、意識の方向を本来向けるべきものに戻すことが出来ます。

 

ただ、この時に、気をつけるべきことがあるので、最後にそのアドバイスをさせていただきますね。

 

 

◆何が何でも期限までに完了する!と決める!

 

今取り組むべきことへの執着心が強ければ強いほど、元に戻しやすいですが、弱いと戻しにくいという現実があります。

 

つまり、「何が何でも期限までに完了する!」と決めていれば、元に戻るのですが、

「出来たら完了したい。」

「完了できたらいいなぁ。」

「完了できなくてもいいか…」

みたいな状態だと、気持ちがふらふらしたまま帰ってこない…なんてことになる可能性があります。

 

ですから、何となく取り組むのではなく、「なにがなんでも!」という気持ちで取り組むことが大前提だと覚えておいてください。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る