困難に出会ったとき、どう立ち向かえばいいのかわからない…【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.09.11

 

こんなことになるなんて思いもよらなかった

 

こんな風に感じたとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

私たちにできることは、「なぜこんなことが起こったのか!」という問いを超えて立ち上がり「こうなった今、私たちはどうすればよいか?」と問いはじめることなのです。

 

ー ハロルド・クシュナー ー

 

 

困難や障害に出会ったときに、なぜこの目の前の出来事が起こったのかを考えてしまいがちです。

 

しかし、それでは当然ながら問題解決にはなりません。

 

では意に反することに対して腹が立ったり、苛立ちなどの感情を抑えつつ、そして対処するにはどうのようにすればいいのでしょうか?

 

それは、どういう結果になると納得がいくのか、先ず“ゴール”を設定して、そこから「ゴールにたどり着くには何をすればいいのか」を考えることなんだそうです。

 

起こったことに目を向けるのではなく、それをどう処理していくのが大切なのですね。

 

起こったことは過去のこと、明るい未来にするため、望むゴールに近づく為にも先を見据えて行動したいと思いました。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る