他人の悪いところが目についてイライラしてしまうことがある【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.10.30

 

この気持ちを吐き出さないと気が済まない

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

誰が誰よりどうだとか、誰の仕事がどうしたとか、そんなことを言っているひまがあるか?

 

ー 宮沢賢治 ー

 

 

自分の辛い状況を誰かに伝えたい、分かって欲しいときってありますよね。

 

愚痴を言ってもスッキリするのは一瞬で解決する訳でもなく、そのあと役立つわけでもありません。

 

それどころか後で後悔したり、自己嫌悪になることもあるのではないかと思います。

 

そして、愚痴をいっているときは精神的にいっぱいいっぱいで、相談ではなく人にただ聞いて欲しい状態なので、アドバイスしてもらっても入ってこないことの方が多いようです。

 

しかし、愚痴をこぼすのが全面的に悪いことだとは思いません。

 

特に女性にとって愚痴は一種のデトックスともいえます。

 

それをふまえた上で、頭に置いておきたいことが、人のことを評価する前に自分自身のことを考えてみることです。

 

それと、ネガティブな発言をするだけ、後退していくことを認識しておくことも必要です。

 

この2つを心得ておくと、自然と愚痴は減るのではないかと思います。

 

愚痴をいいたくなったとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る