人間関係で、どうやったら相手に喜んでもらえるかわからない【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.11.13

 

ギブ・アンド・テイクってわかっているけど、まずは私に頂戴…

 

こんな風に感じたとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

人を喜ばせると、自分も喜べる。

誰かを喜ばせることは、自分をも喜びでいっぱいにする。

どんなに小さな事柄でも、人を喜ばせることが出来ると、私たちの両手も心も喜びでいっぱいになるのだ。

 

ー フリードリヒ・ニーチェ ー

 

 

人間関係の原則の一つに、「与えたものが返ってくる」というものがあるそうです。

 

確かに、私が笑顔だと、相手も笑顔で接して下さいますし、私が機嫌悪いと、相手もよそよそしいものです。

 

でも、本当は毎日気分よく生活したいです。

 

だとしたら、関わる人に先にハッピーになってもらえると、自分がハッピーになれると「順番」がわかれば、もう迷いはなくなり集中して行動できます。

 

ついつい、ワガママだった頃の自分のクセで、「先にもらいたい」という習慣が出てきますが、「そうじゃないよっ」と教えていただけたので、今から原理原則に戻りたいと思います。

 

私にとってのハッピーは、読者の皆様が何となく良い気分で過ごして下さることです。

 

そんな生活が送れるように、ご紹介する名言がお役に立てたら、私はとってもうれしいです。

 

私にとって名言は、生きる道しるべになっています。

 

今まで、勢いで生きてきた自分はすぐ行き詰まっていました。

 

そんなときに、新しい視点を持たせてくれたり、行動する勇気をくれたり、優しく励ましてくれたり、厳しく激励してくれたり、たくさんの言葉との出会いがありました。

 

この様に、名言は、心のモヤモヤを消して集中力を高め、望む結果につながる
非常に有益なツールです。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る