いろいろ考えすぎて時間だけが過ぎてしまい行動に移せない…【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.11.14

 

いろいろ考れば考えるほど、不安になって行動できなくなってきた…

 

そんな風に感じたとき、見ていただきたい名言です。

 

 

人間、どうせいつかは死にます。

どんどん妄想して、勘違いして、やれるうちに何でもやったほうがいい。

 

ー 横山剣 ー

 

 

仮に、命の期限が明日までと言われたら、まず私はこれまでの自分の行いを悔いるかもしれません。

その期限が一年だったとしても同じだと思います。

 

そのくらい、まだまだやりたいことをやり切っていないし、自分の人生に納得できていないのだと思います。

 

何かを始めるとき、望む結果を得るために希望を持ってスタートしたはずなのに、しばらくするといろんなことが気になりだして思うように行動できないことがあります。

 

やる前から、ああでもないこうでもないとあれこれ頭で考えて、「起こってもいないこと」を考えることにエネルギーを使い過ぎて、実行に移すことができなくなっているのです。

 

このように、頭で考えすぎて行動に移すことができない場合、そもそも自分がどうなりたいのかを見失っている状態になっているのです。

 

そして時間だけが過ぎていって、後悔する・・という悪循環を何回経験してきたのか分かりません(泣)

 

やったことへの後悔は時間と共に和らぎますが、やらなかったことへの後悔はいつまでも消えることはないそうです。

それは、時間だけはどうやっても戻らないからです。

 

ですので、やりたいことも、やるべきこともすぐにやる習慣を付けることが大事だと思います。

 

自分の夢や望む結果を手に入れるために取り組んで着ることはありますか?

 

横山剣さんの言葉にもあるように、いつか人は死にます。

 

いつ死んでも悔いがない!と思えるくらい毎日を一生懸命に生きたいと思いました。

と、個人的に感じたことを書きましたが、あなた様はいかがですか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る