人と付き合うことや、人間関係を円滑にするコツがわからない【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.11.19

 

価値観が違い過ぎて合いそうにない。

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

自分と異なる人間と接することの価値、なじみのない思想や行動様式に出会うことの価値は、どんなに高く評価してもしすぎることはない。

 

ー J・S・ミル(経済学者) ー

 

 

人と付き合うことや、人間関係を円滑にするコツは、価値観の違う相手を受けれることが大事だと思います。

 

よく、価値観の違いから離婚・・などと耳にしますが、原因の本質はそうではなくて、お互いの価値観を受け入れることが出来なかったことが問題だと思います。

 

そもそも血縁関係であっても価値観はそれぞれ違うのだから、生まれ育った環境も歩んできた道のりも異なる相手の価値観が違うのはもっともなことなのですよね。

 

どのような間柄であっても、価値観の違いは度々衝突を生みます。

 

そのようなときに、ぜひこの名言を思い出していただきたいのです。

 

異なる価値観に出会ったときは、自分に無い視野を広げる機会と捉えて、学ぶ気持ちで受けれることがお互いにとって建設的です。

 

一旦受け入れた上で、それから同意するかどうかは自分で判断すれば良いのです。

 

最初から拒否をする姿勢では、学びの機会にならないどころか、人間関係においても良いことはありませんよね。

 

ですので、価値観が同じだから一緒にいるのではなくて、相手の価値観を受け入れるつもりがあるかどうかがとても大切なのだと思いました。

 

あなた様はいかがでしょうか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る