上手くいかないことが続くと、自信をなくし落ち込んでしまう【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.12.04

 

もうダメだ・・そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

みんな自分の能力を疑いすぎるのです。

自分で自分を疑っていては最善を尽くすことなんて出来ないんです。

自分が信じなかったら、誰が信じるんでしょうか?

 

ー マイケル・ジャクソン ー

 

 

Everyone doubts his ability too much.

Since doubting oneself by oneself, it won’t be done to do the best.

When one didn’t believe it, who will believe it?

 

ー Michael Jackson ー

 

 

ちょっとうまくいかないと落ち込んでしまうことがあります。

胸がざわざわして、モヤモヤして落ち着かなくなってしまうこともあります。

 

自分を信じることが出来ないのは何故でしょうか?

それは、欠点があるから?実績がないから?

これといったものを持っていないから?

 

私は、完全な自分でないといけない、そんな自分の判断さえ、ときには信じることはできない、などと思っていました。

 

しかし、そうではなくて、「自分はできるまで止めない!」と信じ、行動し、実績を積むことで、自信がドンドン強化されていきます。

 

「できなくても大丈夫」ではなく、「できなかったら、条件を変更して再チャレンジし、これを繰り返してできるまでやり続ける人間だから大丈夫!」という「思いグセ」があれば、途中で落ち込むことはなく、「この方法ではうまく行かなかったか…。次はどう攻めようか…。」と精神的に安定した状態でいられるハズです。

 

この名言が教えてくれているように、自分を信じていれば、失敗も、人の目も、突然の出来事も、何も怖くなくなるのです。

 

そう思ってても、時間が経てばまた不安になったり、落ち込むこともあるかもしれません。

そんなときに、思い出していただきたい言葉です。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る