3ページ以上よむ方法

Text by Yasuhiko Susaki

2017.12.04

 

3ページ以上よむ方法

 

いままで本を読んでこなかったので、字を読むことが苦手です。

そして、書くことも苦手です。

 

本や新聞が最後まで読めません。

正直3ページで疲れます。

 

集中力がたりないんですか?

 

いまの仕事では字は全く関係ないですが、実は子供がいて、子供に示しがつかないと思って密かに練習しようと思っています。

 

仲間内にも本を読むような人もいないので・・・子供の手本になってやりたい。

 

初心者が本を読めるために、1番ベストな方法はありますか?

どうかお願いします!

 

20代 男性 土木 さいたま県 タケルさま

 

 

【須崎からのアドバイス】

 

タケルさん、ご質問をありがとうございます。

そして、毎朝「1分間集中力メルマガ」をお読みくださり、重ねてありがとうございます!

 

さて、いただいたご質問ですが、子供は親の鏡と言われております。

 

ですから、おっしゃるように「子供の手本になってやりたい」というお気持ちは素晴らしいものだと思います。

 

我が家も、私と妻が毎月大量の本を読むので、子供は「本を読むのが当たり前」と思っているようで、読書に対するハードルが低い様です。

 

ですから、親が率先して本を読むと、子供も読む習慣が付いてくるものです。

 

ですから、タケルさんが本を読もうとされるお気持ちはとても素晴らしいことだと思います。

 

 

◆知的スタミナ

 

「スタミナ」というと、肉体的なものが頭に上がりがちですが、知的なスタミナもあります。

 

肉体を鍛えれば鍛えるほど肉体的なスタミナが高まる様に、知的なスタミナも鍛えれば鍛えるほど強くなるものです。

 

どうやって鍛えるか…

タケルさんがお考えのように本を読むことが鍛える方法の一つです。

 

では、今まで読書習慣がない方が、新たに読書習慣を付けようと思ったら、どんな本を読んだらいいのでしょうか?

 

 

◆好きなジャンルの本や雑誌を読むのがおすすめ

 

私は、獣医師ですから、医学書や生物学の本を読むのは興味深く読み進められますが、ジャンル外の法律の本はからっきしです(笑)。

 

これは「興味・感心のある内容は頭に馴染みやすい」という原理原則があるからです。

 

ですから、タケルさんにオススメなのは、「タケルさんが好きなジャンルの本や雑誌を読むこと」です。

 

例えば、タケルさんが車がお好きなら、「タケルさんが読んで面白いと思える車の雑誌や本」を一冊選んで、何度も熟読してみてください。

 

コンビニや本屋さんに行って、パラパラめくって面白いと思える本や雑誌を選んで、何度もお読みになることをオススメします。

 

そして、本を読むことに慣れてきたら、どんどんいろんな本にチャレンジしてみてください。

その姿を見て、お子さんも自ら本を読むようになると思います。

 

ということで、思い立ったが吉日で、今すぐコンビニに行って、面白い雑誌を探してきてみてください!

 

そして、知的スタミナをつけて、お子さんにも伝染することを願っております!

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る